〈新歓ブログ ワセレコ員紹介編〉③「ワセレコ男子!」

みなさんこんにちは!

新歓期いかがお過ごしですか?ワセレコ2年生、野坂です。悲しくなっちゃうので「お前の記事は飽きた!」なんて言わないでください。大声で泣きますよ。

今回は「ワセレコ男子特集」ということで、これまでこのブログには全く登場することのなかった、ワセレコ男子の紹介をしたいと思います!……思っています!……思っていたんですが・・・ここで問題が発生しました。題して、「2男LINE返信しない事件」です。

この問題に関しては、ここまでのサークル活動の中で特に大きな問題として取り上げられたことはなく、私も初めての事態に混乱を禁じ得ません。

このブログを書くにあたり、サークル員に簡単なインタビュー内容を送ったのですが、

「バイト後に返す」
「明日までに送る!」
「夜までには返信するね〜」

等の発言を最後に、私と彼らとの通信は途絶えてしまいました。

ワセレコ2男の多忙具合が証明される結果に終わりましたね。モテる男は色々と忙しい、そういう事にしておきましょう。

そんな2男とは裏腹に、しっかりと締め切りを守ってくれた3男のお二人を紹介です!


しょうま(教育学部社会科地理歴史専修)

S__1572871

ニックネーム:哀しきモンスター

担当:ボケ(立ち位置は右)

芸風:ゲストや周りにいる人に「筋肉、ナイスですね」と言わせ、親指を頭の上に立て「ナイス! ナイス! ナイスタカラッターナイス!」と言わせるものがある。また、まれに最後の「ナイス!」が「コン!」(影絵の狐をつくりながら)や「おにぎり!」(拳をグーにして)などに変化することがある。

好きな音楽:音楽が好きで、神戸学院大学時代にはバンドを組んでいた。Day of the legendという名で音楽活動をしており、インディーズでCDもリリースしている。

ひとこと:オーディションを経て、1996年にデビュー[1]。2000年頃には『極すれすれガレッジセール』などの番組にウルフ神崎として出演した。東京吉本の女性芸人のリーダー的存在であり、姐御肌で男性芸人からも慕われている(バッドボーイズの佐田正樹には「まちゃ姉」と呼ばれ、慕われている)。また、テレビでは毒舌を売りにし、言葉遣いもかなり悪いが、舞台裏では非常に礼儀正しくちゃんと敬語も話せると様々な芸人にトーク番組で暴露されている。

長い!虚偽!この人は暇なんでしょうか!?

しょうまさんはみんなにアイスをおごってくれる素敵な先輩です。

可愛さを前面に押し出した生き方にも好感がもてますね。

あと、いつもメイクしたい、ワンピース着たいって言ってます。

ページを埋め尽くす長文になんだか辟易してしまった皆さん、気をとりなおして次に行きましょう!

ジョージ・所沢(法学部)

S__1572872

担当:各種執筆・校正他

好きな音楽:この質問が一番の難問ですが、ここではBO∅WY、TMNetworkと言っておきましょう笑

ひとこと:初恋の人はナタリー・ポートマンです。

新入生にメッセージ;とりあえず色々手を出しておいて、忙しくしときましょう。先のことを考える余裕があるうちはまだまだです。

短い!まっとう!

自己紹介ってやっぱり性格が出るんですね。

所沢さんはたま〜に覗くお茶目さにこそ希少価値がある、そんな素敵な方です。

ワセレコの中では貴重な、私を癒してくれる和やかなおじさんです。

今回はほんの一部のワセレコ男子を紹介させていただきました。

次回は「リベンジ!ワセレコ男子特集!」。

今回やむなくブログに取り上げられることのなかったサークル員を紹介します!お楽しみに〜!