人生に寄り添う名店

今回はワセレコ行きつけの価格帯バグり居酒屋、わっしょいを紹介します。

 

ワセレコ創設時からお世話になっているわっしょい。早稲田と高田馬場の間くらいにあります。ちなみに早稲田からわっしょいの距離を「1わっしょい」という距離の単位としても使います。例)早稲田キャンパスから学生会館までは0.4わっしょいくらい

 

わっしょいは広いので、飲み会に途中から参加する場合、「下わっしょい」(1階)か「右わっしょい」「中わっしょい」「左わっしょい」(2階)で伝達しないと、落ち合えません。

 

まず、入場すると「先週のヤツ来てないのか」と聞かれます。先週のヤツ、とは泥酔した場合に翌週までつくあだ名です。来ている場合は謝罪から入りましょう。店員さんとはみんな顔見知りで、仲良しです。
いっとき、他サークルの人達がわっしょいの廊下で殴り合いをしていた時、ある店員さんが私に言いました。「なんであの2人は殴り合うか知っているか?2人とも弱いからだよ…」と。店員さんは、師匠でもあります。

 

S__26026506

 

そして、注文です。ビールはジョッキで150円。個人的にオススメは梅水晶なのですが、カツ丼と値段が一緒なので幹事長に却下されるケースもあります。さすがは価格帯バグり居酒屋。安さゆえに、ついつい飲みすぎてしまう居酒屋です。「今日のアフターはしょいわつで」と飲み幹に言われたら心して挑みましょう。

 

ワセレコは「大事な時はわっしょい」みたいなところがあるので、大きなイベントの打ち上げ、引退式の二次会、新歓、などわっしょいで行います。そのため卒業する頃にはわっしょいが1番のエモスポットになっていることが多いです。

 

私も、わっしょいでワセレコに出会い、わっしょいで酒を知り、わっしょいで泣き、わっしょいで笑い、わっしょいで恋をして、わっしょいで人生を学びました。どんなに辛いことがあっても、わっしょいのビールを飲んでみんなと笑い合えば、なんか全部オッケーだなって思います。

 

色々思い出して泣けて来ました。ああ、引退したくないな…

 

もちろん、今年の新歓もわっしょいでやりますよ!わっしょいを体験したか、していないかで、早稲田生としてのステータスは変わってきます。ぜひ、わっしょいでの新歓へ!

 

S__26026507