音楽万博interview:早稲田大学ケルト音楽同好会

「音楽万博」開催まで一週間を切っております。

 

本日のインタビューは“早稲田大学ケルト音楽同好会様です。

 

 

ケルト音楽にどんな印象を持っていますか皆さん。私は伸びやかなのびのびとした印象を持っています。自然と気分が高揚するようなイメージですね。昼間のお散歩などで聞きたいです。

 

さて、今回もですが、諸々の事情でメールでのインタビューです。インタビューに私の感想を書くスタイルです。あらかじめご了承ください。

 

今回、インタビューを受けていただいたのは早稲田大学ケルト音楽同好会、幹事長森田歩様です。

 

 

〇どうして早稲田大学ケルト音楽同好会に入ろうと思われたのですか。

→元々高校の頃からケルト音楽を知っていて、それで色々サークルを探してたら偶々わせける(早稲田大学ケルト音楽同好会)を見つけ、体験活動に行ったら楽しくてその日に入会しました笑

 

●その日に入会ですか。すさまじい行動力ですね。意外とビビビっときたものが長く続くこともあるからわからないですね。人生は。

 

〇普段はどのように練習されているのですか。

→基本的にはYoutubeやCDなどを聴いて練習します。先生に習っている人も(たまに)いますが、ほとんどの人は先輩などから色々教えてもらっています。

●なるほど代々ケルトの技術が先輩から受け継がれていくわけですね。

 

〇ケルトをやるうえで知っておくべき人や先駆者的な方はいますか。

→マイケル・コールマンです。今のアイルランド音楽(ケルト音楽)の演奏家の多くが少なからず彼の影響を受けています

●聞いてみました。アイルランド伝統音楽の救世主とまでゆわれているみたいですね。 やはり聞いてみると気分が上がるというか、どこかで聞いたことのあるような懐かしさを感じます。

 

〇普段はどのような音楽を聞かれているのですか。 →最近は聴いているのはケルト音楽が中心ですが、クラシックやブルーグラスなどもよく聴きます

●ケルト音楽をやっていても普段からケルト音楽を聞かれるんですね。野球部は野球が嫌いというようなこともあったりしますが。本当にケルト音楽に魅了されていることが伝わります。

 

〇音楽万博に向けての意気込みなどがございましたらよろしくお願いいたします!

→新入生はもちろん、来ていただける多くの人にケルト音楽の楽しさが伝わるよう部員一同全力で、そして楽しく演奏します!!

●私どももとても楽しみにしています。当日素敵な音色を響かせてください!よろしくお願いします!! 早稲田大学ケルト音楽同好会

Twitter:https://twitter.com/wasedacelt

 

4月8日、ワセレコ主催「音楽万博」!今回インタビューさせていただいた、早稲田大学ケルト音楽同好会をはじめ様々な民族音楽を聞くことができます。入場無料!ぜひお越しください。

音楽万博(完成版)