wasereco_staff

WMS.3に来てほしい!

 

こんにちは!ワセレコ2年のりょです。

 

 

9/19(火)のイベント「WMS.3」の紹介をしたくて、この記事を書いています。

お客さんきてくれ!!!この記事を読んだあなたが、一人でも多く来場してくれることを祈っています。

 

 

wms.3

▷WMS.3

9月19日(火)

代官山Space Odd(HP

開場・開演:15:30

チケット:無料(+2Drink)

出演:Hei Tanaka、ナツノムジナ、Laura day romance ほか

(アクト第2弾解禁は8/9(水)19:00!!!!お楽しみに。)

 

 

WMSってなにか?というと、Waseda Music Showcaseのことです。

2015年から年1のペースで開催している、ワセレコで一番デカいイベントです。

 

今回はなんとチケ代無料!!そしてその実現のために現在進行形でクラウドファンディングを実施中です。

(ファンディングサイトCAMPFIREの、ワセレコページもよかったらぜひ→業界大注目のバンド×現役早大生バンド!ワセレコ主催でフリーライブを実現したい!

 

これまでは普通にチケット代をとって開催していましたが、今回はなんでこうなったのか?を簡単にお話ししたいと思います。

 

 

そもそも、ワセレコがイベント企画を通して成し遂げたいことは、

・若者の音楽文化にもっと興味を持ってもらうこと

・ワセレコイベントのブランディング(早大生アーティストにとっての「登竜門」的なイベントを作りたい)

大きく言ってこの2つです。この根っこのところは、いつもと変わりません。

どちらも、何回かのイベントで達成できるものではありません。ワセレコがこれから何年もかけて、少しずつ、達成していきたいゴールです。

 

特に若者文化については、興味を持ってもらうだけでなく、僕たちワセレコ自身、アーティストの皆さん、来場した皆さんとの間で、「僕たちは『若者文化』のまさに当事者なのだ」という、強い思いを共有したい。

 

もう、大人たちに勧められるものを、単純に受け入れる期間は終わったのではないか、と感じます。

今度は僕たちが、これからの音楽の、いや文化全体の担い手として、声を上げ、体を動かしていきたい。好きなものを堂々と、好きだと言いたい。「これが、僕らのカルチャーだ!」と、他の世代の人たちに言ってやりたい!

お金はないけど、時間はある。熱意もある。仲間もたくさんいる。社会に出てしまう前に、なにかひとつ、僕たちなりの波を起こしてやりたい。

 

 

こういうことを考えながら、これまでイベントを企画してきたのですが、痛感したのはワセレコ自体の発信力、集客力のなさです。

まだまだ無名な僕たちが、ホームページやツイッター、ライブハウスでのビラ配りなどで情報を発信するのには限界がある。さらに、少し興味を持ってもらった方にも、「お金を払うか、払わないか」というところでもうひとつハードルを乗り越えてもらわなければならない。

 

選んだアクト、準備したサブコンテンツには超、自信がある!のに、肝心のお客さんがあまり集まらない、という状況を反省し、考えに考えて、決めたのが今回のチケットフリー開催です。まずは足を運んでもらうのが先です。

 

そうすると、じゃどこからライブ運営費を稼ぐんだ、ということが問題になってきます。こういった企画はだいたい、チケット代が重要な収入源です。これがないと始まらない、ってくらい大事なところです。

 

そこで僕たちは、クラウドファンディングに目をつけ、これに望みをかけることにしました。

クラウドファンディングならば、まず僕たちの活動範囲、情報を届けられる範囲の外側にいるみなさんに、僕たちについて知ってもらえる可能性が増えます。そして僕たちの思いに共有してくれた方に、投資という形で協力をしていただくことができます。大学からの補助金や、企業からの協賛ではなく、「思いのこもった」お金だけで、このイベントを成立させることが可能になるんです。すごい。。

 

もちろんいい面ばかりではありません。まずお金が集まらない可能性だってじゅうぶんにありますし、流行に乗っているだけじゃないかと思われたりするかもしれません。自分たちでバイトして稼げ!というお叱りの声も聞こえてきそうです。。

 

でもやっぱり、クラウドファンディングを通して、僕たちのWMSを担ってくれる人を増やしたい。当事者だからこそ味わえる感動というものがある。

仲間、共犯者、当事者、なんでもいいですが、一人でもそれを増やしていきたいんです。そういう暑苦しいイベントになれば幸いです。

 

 

こういう風に何回も議論を重ねまして、クラウドファンディングに挑戦することにし、チケットも無料に設定しました。

 

あとは、みなさんにスケジュールを空けておいてもらうだけです。「無料だから、とりあえず行ってみるかぁ」で、いいんです。まずは、来てほしい。

形式的には無料だけど、ただのフリーイベントには絶対にしません。お金を払う価値はできるだけそのままに、残すつもりです。アクトから転換からサブコンテンツまで、最高に幸せな環境を作ります!

 

出演してくれるアクトは全部、1000パーセントいいです。本当です。

絶対にいま見ておいてほしいところです。「もっと早く聴いておけばよかった」なんて、もう言わせません。

日々活発に動き続ける、若者の音楽文化の熱気、エネルギーを体感できるステージになるはずです。

 

 

そして客席にあなたがいてくれればベストなんです。イヤホン越しには感じられない、演奏者の本気の視線と汗を生で観る。いままで名前も知らなかったシンガーの歌う歌詞が、妙にグッとくることがある。満員の拍手の中、来てよかったな、明日からまた頑張ろう、って元気づけられる。

僕たちはあなたと、こういうかけがえのない音楽体験を共有したくて、このイベントを作ってきたんです。

 

 

ぜひ、9月19日は空けておいてください。代官山Space Oddでお待ちしています。ボウイの顔のデカい絵がエントランスでお出迎えしてくれます。

 

あなたの「無料だから来た」を、「無料じゃなくても来た!!」に、変えてみせます。

 

 

長くなってしまいました。ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

 

WMS.3 若者文化の旗揚げ

 

大人にすすめられるものを、ただ受け入れるのは違う気がする。

 

私たちの活動のコンセプトは、「文化を盛り上げ、発信すること」。

自分が本当に好きなものを発信したい。

自らの手で、若者文化を作り上げたい。

 

そして今度こそあなたと、この思いを共有したいのです。

 

すごい速さで若い才能が発掘されていくインディーズ・シーン。

最高の音楽を歌うアーティストが、今日もまた生まれています。

「もっと早く聴いておけばよかった」なんて、もうあなたに言ってほしくない。

一番に知ってほしい。最初から、追いかけてほしい。

 

今回は、より多くの「あなた」たちに彼らのファンになってもらいたくて、クラウドファンディングに挑戦することにしました。

イベントを作るのは、私たちだけではない。

今、私たちに出会ってくれたあなたも、巻き込みたい。一緒に創りたい。

想いに共感してくださった方、少しでも協力してくださった方は、もう、私たちの共犯者です。

 

2017年9月19日。若者文化の旗揚げです。

あなたにも、聴いてもらいたい。読んでもらいたい。観てもらいたい。感じてもらいたい。

一緒に、創りましょう。

 

wms.3

▶︎概要

WMS.3

2017.9.19(Tue.)

代官山SPACE ODD(ホームページ

チケット:フリー(2Drink制)

開場/開演:15:30

出演:Hei Tanaka、ナツノムジナ、Laura day romance、and more…

 

CAMPFIRE(クラウドファンディング)上の、ワセレコページはこちら

クラウドファンディングをするに至った理由などを詳細に書きました。

 

▶︎第1弾解禁アーティスト

Hei Tanaka

heitanaka

2012年11月今世界でもっとも注目を集めている新進気鋭のイベンター仲原達彦に「ソロでライブをするべき」と、ケツを叩かれた田中馨。「ソロは無理」あっさりそう答えた田中は、2人の男を道連れに、ベースとドラム2台の不思議系バンドHei Tanakaをめでたく結成。

 

ずっこけ3人組バンドというスタイルに限界を感じ、新たなメンバーで再始動。しようとする矢先、間違って元メンバーに声をかけてしまい、結果、1人は残り1人がクビという、見て見ぬ振りできないほどのしこりを残しつつ、めでたく再開。

2016年1月14日に渋谷WWWにて初めての自主企画「列島は世界の雛形」〜あの世のザッパに教えたら なんていうだろ?〜をまさかのSOLD OUTで大盛況のうちに終わらせ、何かがまた始まったのだ。

 

ホームページ、田中馨twitter(@tanakahei)、youtube映像

 

 

 

ナツノムジナ

natsunomujina

2010年沖縄にて結成。オルタナ、インディー、プログレ、サイケなどメンバーそれぞれが異なる背景を持ち寄り、独自の音楽を演奏することを心がけている四人によるバンドです。

 

ホームページ、バンドtwitter(@mujina_info)、youtube映像

 

 

Laura day romance

lauradayromance

 早稲田大のバンドサークルで出会い意気投合した3人で結成。
 国内外のインディミュージック、古き良き日本語ポップスなど様々な音楽的バックグラウンドを感じさせるサウンドを鳴らす。主旋律がどちらともつかないような男女ツインボーカルが特徴。
 

ホームページ、バンドtwitter(@BandLauras)、youtube映像

 

 

第2弾解禁もお楽しみに!

 

 

【情報解禁】ACOFFEE 〜acoustic live × coffee〜

 

 

 

Waseda Music Records × 早稲田大学珈琲研究会

presents

 

 

ACOFFEE

acoustic live × coffee

 

 

2017/8/24 THU

@Whistle CAFE

17:00 START

¥1400 (1 FREE COFFEE)

※再入場OK

 

 

 

 ー 珈琲と昼下がり、音楽。 ー

 

ここにあるのはたったそれだけだ。

だが、たったそれだけにあなたは溺れる。

 

 

 

 

acoffee  

 

 

さらなる詳細はまもなく…

 

 

 

大解剖!ワセレコ員の旬な音楽!

 

最近とっても暑いですね!
春あった気がしない2女のまりのですこんにちは

 

新入生の皆さんはいつもサークル員がどんな音楽を聴いてるのか気になりませんか?

 

てことで今回はワセレコ員の今旬な音楽を紹介します〜〜〜〜

 

厳正なるくじで選定された2年生5人に答えて頂きました私も聴いてペラい感想プラスしちゃってますごめんね(暇なサークル員は誰がどれかとか当ててみてね)

 


(Q)今日一日、ある一曲しか聴けないとしたら何を聴く?

 

会員No.1

岡村靖幸w/小出祐介 – 愛はおしゃれじゃない

 

「マスカラつけたなら僕も君のように泣けるのだろうか
君と同じ口紅つけたならそのくちびるが何味かわかるのかな」

 

ありえん歌詞がクサすぎる
でもそこが良いんだよ、愛はおしゃれじゃないんだよ

 

 

会員No.2
Black Sabbath – The warning

 

とりあえず何度か聴いてくれ、スルメ曲だ
まりのはこのあとしばらくサバスを漁りましたとさ

 

 

会員No.3
Kelly Lee Owens – Anxi

 

中毒性ある

 

会員No.3くんはこういうのも聴くのね中田ヤスタカのイメージ強いから驚きでした

 

 

会員No.4
Snarky Puppy – What About Me?

 

皆さんお馴染みのこの曲です
初めての人は是非ポチッと、音楽の良さ丸出しである!!やはり好き

 

 

会員No.5
THE VITRIOL – エミル

 

現在活動中FINLANDSの前身バンド。
塩入冬湖さんのキラキラした才能に溺れてくれ

 

FINLANDSはこちら↓
https://youtu.be/75hu6rGeuLg
高音のキンキンが本当癖になるよ

 

 

以上!
5人とも協力ありがとう〜〜〜〜
ジャンルが本当にカオス!いいと思ったものは何でも聴いちゃうのがワセレコです。

 

知らない曲ばっかでみんな音楽に詳しそうだしついていけるか不安と思った方!
私もこの5曲ほとんど初めて聴いたので大丈夫!

 

むしろこれから沢山の曲に出会えるって幸せですよね
新入生の子も好きな曲たくさん教えてください!待ってるよ〜〜〜〜

 

答え合わせはまりのに直接聴いてね、では!

 

ワセレコ2女は美女揃い♡

 

こんにちは!ワセレコ2年のマミコです。

今回はみなさんお待ちかねの2女紹介!しちゃいますよ〜

 

【まいまい(渉外局)】

学部:先進理工学部

出身:東京(心は香川らしい)

好きな音楽:never young beach、Sugar’s Campaign、SMAP…etc

兼サー:MMG(バンドサークル)

ひとこと:今年の目標は洋楽も聞いて音楽オールラウンダー目指すこと•v•

 

まいまい

 

別名おおたぬき。ノリの良さとしっかりさを兼ね備えたタヌキ科女子です 理系女子でもあり、事象を科学で捉えがち(焼肉事件…詳しくは聞いてネ)

 

 

【あおい(販売局)】(※留学予定のため夏に一旦ワセレコを離れちまいます)

学部:国際教養学部

出身:埼玉

好きな音楽:andymori…etc 優しい音楽が好き

兼サー:ENJI(ファッション系出版サークル)

ひとこと:ワセレコにカリフォルニア支局作ります!

 

葵

 

かわいい。性格悪ければ嫌な女で片付く話なんですが、サッパリしてて意外と心配性?そのギャップがイイんよね〜〜 行かないでアメリカ

 

 

【みしゃみしゃ(広報局)】

学部:人間科学部

出身:北海道

好きな音楽:UKロック、インディーロックなどの洋楽全般。とにかく潔く暗い音楽が好き。

兼サー:ENJI、ロックラ、運スタ(いずれも幽霊気味らしい)

ひとこと:猫と小松菜奈と左利きとワセレコをこよなく愛する普通の女の子です。

 

みしゃ

 

シャイなみしゃだけど、ワセレコへの愛は人一倍!(mtgのために水曜全休にしてしまうほど)あと料理ありえんうまい 習いたい

 

 

【まりの(広報局)】

学部:文化構想学部

出身:福井

好きな音楽:チャットモンチー

兼サー:ENJI、FreeWayMusic(予定)

ひとこと:2女のフッ軽担当である

 

まりの

 

いつも明るい!そして本当に寝ない!体に悪いので夜はきちんと寝ましょう。私と同じく後期入会。なんでこの写真やねん

 

 

【マミコ(販売局)】

学部:文学部

出身:埼玉

好きな音楽:スピッツ、エレファントカシマシ、ペトロールズ…etc

兼サー:なし

 

ギャル

 

ワセレコのギャル担当。一応ネタで通っているが、事実中学生までギャルだったので内心複雑。写真は中3の頃 まりのと同じく後期入会。

 

 

 

とにかく7代目(私たちの代)は男女問わず仲がいい!ライブ以外のイベントなども一緒に行きます。最近だと『食神さまの不思議なレストラン展』というデジタルアートの展覧会に行きました〜

暗すぎて分かり辛いですかね…すいません…これは米と対話している時の写真です

 

米と対話の図

 

 

他にも男子禁制の二女会などもしたり…

 

ニジョ会

 

 

ワセレコの居心地の良さ、一度味わったら抜け出せないですよ!

未来の新入生や後期入会を検討されてる方、ぜひに〜〜〜〜!!