Blog

ワセレコ員のジャズ喫茶巡り①

【ワセダジャズ開催につき、ジャズ喫茶巡り第一弾!】

 

こんにちは、花粉の飛散量が昨年より酷いと知って絶望している、2年のよしきです。
せっかく春休みでも花粉症だと外出するのが億劫になってしまいますね。花粉症の人、頑張りましょう。

 

さて、ワセレコは3月20日に『ワセダジャズ第二夜』を開催します。
それに先立ち、都内のおすすめジャズ喫茶を、ワセレコ員が実際に足を運んで紹介したいと思います!

 

今回は新宿ピカデリーの横ににあるジャズ喫茶「DUG」(ダグ)です。

 

 

DUGは今年で57年目になる歴史あるお店であり、私たち早大生の先輩である村上春樹さんの小説『ノルウェイの森』では、主人公のいきつけの店としても登場します(村上春樹小説を読んできた筆者も以前からずっと行きたいと思っていました)。

 

(DUGのホームページはこちら

 

通りから見た外観はこんな感じに。

 

gazo1

 

 

gazo2

 

ジャズ喫茶ときくと少々堅いイメージのあるところですが、とても入りやすく落ち着く雰囲気のある感じです。
ドリンクメニューを見ると知らないものがいっぱいあり、初めてジャズ喫茶に来たこともあって少し戸惑いました(笑)。
いろいろ悩みましたがアイリッシュコーヒーを注文しました。

 

 

gazo3

 

 

ジャズ喫茶なので当たり前ですが、店内はジャズが流れています。
普通のカフェでは音楽を流すスピーカーは天井あたりにあることが多いですが、ここDUGでは大きめのスピーカが壁に埋め込まれるように設置されており、しっかりと音楽を聴くことが楽しめるようになっています。

 

 

gazo4

 

 

客層は、デートで来てるであろうカップルから、常連客らしいおじさん達、お一人様の若い人など様々でした。
ぼくの文章とこの写真だけではなかなかよさが伝わらないかもしれません(笑)。
ジャズ喫茶(バー)に行ってみたいと思ってるけどまだ行けてないという方は、新宿のDUGでデビューしてみてはいかがでしょうか。
それでは次回のジャズ喫茶紹介をお楽しみに!

 

【ワセレコ2男の】FUJIROCK’18 今年のヘッドライナーはだれ?【本気予想】

こんにちは、2年のりょうけいです。

 

ついに春休みに突入しましたね。みなさんいかがお過ごしですか。

ぼくは最近寮を出まして、一人暮らしを始めました。超楽しいです。遊びに来てください。

 

さてこの記事、

すでに100万回くらい口に出していて疲れちゃったし、飽きてきたのですが、やっぱりこの話題を避けて通ることはできないですね、

みんな大好きフジロック。今年だれが来るのよ?!

という話です。

 

われわれ2男、もうアホのように毎週毎週、飲み会の席で、あとはちしゃきの家でこの話をしてました。

こんな楽しくて無限に話せるなら、いっそブログでも書いてしまえ!というわけです。

 

そしてなにより、噂によると明日、第一弾アーティスト発表らしいじゃないですか!ワオ、、

これに遅れたら一番ダサい!企画倒れだ!ってことで大急ぎで書きました!いくぞ!

 

 

 

 

それでは、発表します!!!!!!注目!!!!!!!

 

 

 

ワセレコ2男が考える、本気のヘッドライナー予想はこちら!

 

・Arctic Monkeys

 

・Arcade Fire

 

・Kendrick Lamar

 

 

 

…。

 

 

…。

 

 

…え?つまんな!つまらんつまらん!

 

おもろくない、、ええ、、、

 

 

 

と思った方!同感です!!

でもどうやってもこうなりますね…。

 

いや、ほんとに来てくれたら全部最高、超テンション上がるはずなんですが、この話をしすぎて感覚が麻痺してる感もありますね。

 

本気で予想するからには、ふざけたこと言ってられないよってことでちゃんと考えたんですけど、まあここの3つが妥当な気が、、。

 

 

しかしあまりにも無難すぎて面白くない。このままではどうしようもない記事になってしまう。こんなにすげ〜メンツなのに、つまらん、なんて罰当たりな気もしますが、知らん!つまらんものはつまらん!方針転換です。もう少し、ここでしかできないような、いい感じの記事にならないものか。

 

 

いろいろ考えまして、ここからは、2男が主観と偏見のみで選ぶ「あえてのアーティスト」予想!をお送りします!

 

新人・大御所問わず、各々主観フィルターを通して予想した、今年フジ来るんじゃないか???(ハテナ3つでは足りない)というアーティストの特集です。

完全に自己満です!ほーんこんなの好きなんだ、とか思いながら読んでください!

 

グリーンステージでも、ホワイトでも、レッドマーキーの深夜帯でも可!なんでも出してこい!という課題で、みんなで書いてきたので、割と暇な方は読んでいってください。

 

 

 

ハア〜ここまで長いよ!すみませんでした。ここからも長いです!

それでは行きます!提出順で載せます!

 

 

〜あさみせいや編〜

・Dirty Projectors

昨年リリースされた『Dirty Projectors』は日本でもかなり評価が高かったと思います。アルバムの中でも『Up In Hudson』が好きでよく聴いていました。今回のフジロック出演もかなり期待できるのでは?

 

・Tove Styke

日本での知名度はそこまで高くないものの、誰もが一度聴けば耳に残るようなリズミカルでポップなサウンドをフジロックで聴きたい!昨年リリースされた『Mistakes』も必見!

 

・東京女子流

日本の女性アイドルが出演したのは2016年のBABYMETALのみでフジロックにアイドルが出演するのはなかなか厳しい状況です。今年出るとすれば、最有力候補のPerfumeや今勢いのあるBiSH、昨年サマソニに出て注目を浴びたPassCodeあたりですが、ここはあえて東京女子流を挙げたい。昨年リリースした『predawn』は女子流らしいEDMサウンドでカッコイイし、ミニアルバムの『PERIOD.BEST』も素晴らしい。フジロックのステージで歌う彼女たちが見たい!見せてください!お願いします!

 

 

 

〜ちしゃきわたる編〜

・Laurel Halo

2012年のデビュー作「Quarantine」はイギリスの音楽雑誌THE Wireで年間ベストアルバムに選ばれた。去年ニューアルバムを発表し、今年の3月には香港のフェスへの出演が決定している。

 

・Kedr Livanskiy

ロシア出身の女性アーティスト。Boards of CanadaやKraftwerkの影響を受けたダークでドリームポップなサウンドに自身の柔らかい声を乗せる。去年デビューアルバムをリリース。

 

・Kelly Lee Owens

イギリス、ウェールズ出身のシンガーソングライター、プロデューサー。去年はエレクトロデュオMount Kimbieのヨーロッパツアーでサポートアクトを務めた。

 

・Jlin

ダンスミュージックのジャンル、juke/footwork界の新世代アーティスト。去年発表したアルバム「Black Origami」はイギリスのTHE Quietusや日本のele-kingなどの世界中のメディアで高く評価されている。

 

・Chino Amobi

ナイジェリアをルーツに持ち、ブラックエレクトニカシーンを率いているプロデューサー。去年初来日公演を果たした。

 

 

 

〜いとうりょうけい編〜

・Morrissey

英国が誇る、詩人モリッシー。結構ソロ活動も活発なモリッシー。昨年末にアルバム『Low in High School』をリリース。超かっこよくてたまげた。かなり堅いと勝手に思っています。絶対にフジ向きだろ!

と思い調べてみたら、フジじゃなくて、サマソニには出たことあるんですね(2002年)。最後に来たのは2012年のソロツアー。フジはないのかあ。今年来てくれたら6年ぶりですか。6年、いや〜ちょうどいい感じの開きじゃないか、モリッシー。ホワイトステージのトリか、グリーンのトリ前くらいでしょうか!The XXポジションですよね。顔も似てるし。

 

・Phoebe Bridgers

LA発のSSW。フィービー・ブリジャーズ、と発音するのだそうです。昨年のファースト・アルバム『Strangers in the Alps』が超いいのです…。ダークで奥行きのあるサウンドに、純度最高の歌声。アコギを取っても、エレキでも、あくまでバンド構成。要所で顔を覗かせるストリングスがまたニクい。

おそらくレッドマーキーでしょう!

 

・Daniel Caesar

トロント出身、大注目のR&Bシンガー。歌声がとにかくセクシー。静かでドラマチックな曲の構成はバツグンに感動的。バンドセットで観たいな〜。コラボ作も充実しているし、どれも最高クオリティ。3月には来日だけどチケットがたけえ!フジで来てくれ!

 

・Nicola Cruz

南米エクアドルのDJ/プロデューサー。伝統的なラテン〜クンビア×ダウンテンポなハウス/エレクトロ。パーカッシヴなガチャガチャ感と、ディープな四つ打ちが手を組んだら最高になっている。そりゃそうだ、最高のダンス・ミュージックどうしですもの。気持ちいいに決まってます。もうちょいジャングルなところで聴きたいけれど。

昨年末に初来日!フジのアーティストは本番前後に来日しがちなので、こちらも結構有力では?!深夜に踊りに行きます。

 

・坂本龍一

ありえますよね?!願望でしかないチョイスですが。。細野晴臣も、ってことも、もしかしたらもしかするかもしれません。2人とも新譜すごく良かったし。いや〜〜どっちもみたい、。タイテ被りだけは絶対にやめてね。

 

 

〜あきもとゆうほ編〜

・HAIM

これは固い気がします!ご存知とは思いますが、HAIMはLAの三姉妹によるガールズバンドです。前回の来日は2013年のフジロックでこの時はまだファーストアルバムも出していないにも関わらず(直前に収録していたらしい)、レッドマーキーを大いに盛り上げました。その後のファーストアルバムはバカ売れし、昨年ついに発表したセカンドも大成功を収め、満を持しての再来日!!となると良いですね、、、

 

・London Grammar

London Grammar !! めちゃ見たくないですか?!?!ボーカルのhannah reidの力強く、美しい歌声に、神秘的なサウンド、、、夜のホワイトステージが最高に似合うでしょう。フジロックには2014年に出演予定だったもののキャンセルとなっており、ぜひ昨年発表の新作と共にリベンジして欲しいですね!

 

・Hippo Campus

こちらはミネソタ出身で高校の同級生同士で結成されたインディ・ポップバンドです。早くから注目されていましたが、去年ついにデビューアルバム発表し、大きな話題となりました。来日の実現を願っているフジロッカーも少なくないでしょう!

 

・The Big Moon

はい、出ましたThe Big Moon。これはもう個人的にどうしても見たいだけのバンドです。彼女達も去年デビューアルバムを出したんですが、とにかく格好いい、、、もう超満員のレッドマーキーが目に浮かんでいます。頼むから出演してくれ!!!

 

 

ちょいクセ、あえてのアーティスト予想、いかがだったでしょうか。

 

 

個人的にはけっこう楽しかったので満足です。しばらくフジロックの話したくないな、と思いました。疲れました。

とりあえず、明日の発表だけ楽しみに待ちます。どれくらい当たってるでしょうか。。

 

 

 

ていうか、ここまで読んでくれた人いるのかな、、

 

強い気持ち・強い愛

初めまして、7代目幹事長となりました2年の大貫です。以後一年ほど何卒良しなに!

 

世間は受験シーズンですね、
Waseda Music Recordsは頑張る受験生を応援しております
まあ自分のテストでいっぱいいっぱいなんですが、、

 

それはさておき、
よくTwitterのTLでyoutubeのリンクとともに「〇〇、初めて聞いたけどかっこいい〜」なんていうツイートを目にします。
そのリンクのバンドのことを大体知っていることが多く(これはマウント行為、、!)
またそのバンドは少し前に早稲田大学のライブイベント企画サークルのライブにブッキングされていたりして、
そういうことが起こるたびに遣る瀬無くなってしまいます。

 

なぜ遣る瀬無くなってしまうかというと、
ライブイベントのブッキングはイベントのコンセプトや色を出すための最高級のコンテンツなので、一番考えに考えを重ねています。
主催者の考える「いまこの音楽を聴いて欲しい」が詰まってる訳です。
学生が主催者なら金銭的制限や主催者サークルの知名度による制限が大いにある中で四苦八苦したラインナップなのですが、それを見る機会をみすみす見逃し、挙句少し経ってたまたまyoutubeで出くわして「かっこいい〜」なんてツイートをするなんて、、
この前に企画されてたライブ見れば、絶対好きになってたしもっと早く知れたのにね、、、もったいない〜
と思ってしまうのです。
主催者の「このバンドはライブで見たら絶対好きになるから聞きに来て!」という気持ちが届く要素があったのに届かなかったということに悲しくなってしまいます。

 

 

これは私が主催者側を味わったことがあるから言えることで、私もワセレコに所属していなかったらライブに行かずyoutubeを見て「〇〇かっこいい〜」なんてツイートをバンバンしてただろうし(今でも全然していますが、)所属しててもいろんなライブにいけてる訳では無いのでライブに行かずツイートをした人を全面的に批判したい訳では無いのですが。

 

私は「ライブに行ってバンドを生で見ること」が自分の音楽の知見広げるのに一番いい行為だと思うのですが、
なぜかそれをやらない人が多いと思います。
ライブに行ったとしても、大体「好きな」バンドのライブにしか行かない人が大半なので「好きじゃない」や「知らない」バンドのライブなんて足を絶対運ばない訳です。
そしたらますます自分の好きかもしれない音楽を知る手立ては失われて行くし、好きになるチャンスを失っていてめちゃくちゃもったいないな、と思ってしまうのです。
その点、youtubeはとても便利!外国に行かなくても外国のバンドが聴けてしまう!しかも無料で動画付き〜
youtubeサイコー、一番好きなコンテンツです!
と思いますが、ライブを見た時に感じるインパクトはやっぱりyoutubeは生のライブに勝てません。

 

もちろんライブに行くことには時間とお金が必要なのでお風呂に入ることと同頻度に行えるとは思っても無いし、ましてや「好きじゃない」や「知らない」バンドのライブに行くために割けるお金なんて無いっていうのは最もおっしゃる通りだと思います。

 

じゃあなんだ!?という話になるのですが、
興味を向けて欲しい
アンテナの感度を高くして欲しい
ということに落ち着くかなと思います。
自分の聴いてきた音楽やyoutubeで検索した音楽だけじゃ無く人が薦める音楽にもちょっとでいいから耳を傾けて欲しいです。
売れてない/インディーズの音楽は興味無いなんて言わないで欲しい、ものすごくもったいないから。
「〇〇かっこいい〜〜」なんてフォロワーに対しマウントツイートする前にライブをいっぺん見ろや!ということです(特大ブーメラン、、!)

 

これは別の話なのですが、
「おすすめの音楽教えて〜」と人から言われることがよくあり、私としてはよっしゃきた〜と意気込んで5曲ほど選曲しyoutubeのリンクをLINEに貼り付ける訳ですが、大体聞いてもらえないことが多い。
そっちが教えてって言ってきたのに、、
やっぱり自分で興味を自発的に持たないと音楽をディグるのは難しいとわかりました。
いやでも、リンク貼ってるんだからワンタップなのに、、
やる気と真面目さとyoutubeのリンクをタップしようという気持ちが無い人間は何やらせてもダメだな〜、て思ってしまう。

 

ワセレコが早大生アーティストをブッキングしたライブをしても現段階で来てくれる人は限られているのです。
じゃあどうすればライブをもっと人に見てもらえるか?と考えたところまずワセレコのことを知ってもらおう、愛着を持ってもらおうという点に行きつきました。
ワセレコ員がどういう音楽が好きとかどういうことを考えているとかが分かれば、
ワセレコが少し透明になり中の人がぼんやりでも分かれば、ワセレコが打つイベントに行こうかな、となるんじゃないかと。
来てくれるかもしれない、来たら早大生アーティストのどれかを好きになるかもしれない観客予備軍とワセレコの溝を無くしていきたい。
そういう気持ちです、このブログ。

 

自分でもこのブログ書きながら、私は他人の音楽趣味を拡張することに喜びを覚える人間なのか??と少しゾッとしてしまった、、

 


これからもそういった溝を埋めるためにブログなどやっていこうと思うのでよろしくお願いします!

 

1.25

 

カリフォルニアドリーミン

うだるような暑さが続きますね。ワセレコ2年のあおいです。2年目にして初めてブログを担当します〜

 


最近のワセレコのミーティングでは8/24に開催されるACOFFEEについてや、コンピCDのこと、そしてもちろんWMS.3のことなどなど、話題モリモリで白熱した会議が行われています。
私はというと、会議中にかかるBGMにノリノリです。インディーズからアイドルソングまで、ワセレコ員のチョイスは良い音楽ばっかりなんですよ〜

 

そんなワセレコのミーティングですが、私が行ける回数は残り少なくなってしまいました。
というのも、8月から約1年間留学に行くためです。つい先日留学前ラストミーティングを迎え、皆に送り出してもらいました。(ありがとう)
ずっと前から夢だった留学だけど、大好きなサークル活動ができなくなるのは悲しい…
ということで、今回は私のワセレコへの想いを綴ろうと思います。そんなん知らんがな!という方も、どうかお付き合いください、、

 

 

私がワセレコに入ったきっかけは、高校の部活が一緒だった先輩が紹介してくれたことです。憧子さん、憧れの先輩だったんです。。
で、見学してアットホームな雰囲気に惹かれて入ったんですが、最初は会議の内容が全然わからず、ついていけませんでした。。
優しい先輩と楽しい同期に支えられながら続けていましたが、私ももっとワセレコ員として力になりたい!!とより強く思わせてくれたのは、実は昨年10月に行われたWMS.2でした。

Womb渋谷にて、ゲストにTHEラブ人間、Tempalay、水中、それは苦しいを迎え開催したWMS.2ですが、それはもう、私にとってすごく衝撃的でした!こんなに楽しくて最高なイベントが自分たちの手で作られているなんて!!先輩すげえ!ワセレコすげえ!

もちろんそれまでに行われたイベントも魅力的なものばかりだったのですが、やっぱりでっかいライブハウスで(Wombの場合はクラブですが)、プロのバンドと大好きな学生バンドに演奏してもらうWMSは格別でした。

 

感動した反面、翌年WMS.3が開催される頃に自分は留学で参加できないのだと思うと複雑な気持ちになりました。

 

今年のWMS.3は色んな方面からの刺激をうけて、いくつかの新しい試みに挑戦しています。新たなことに挑戦するには勇気も希望も計画性も必要ですね。何度もなんども話し合いを重ねて、方向を定めていきました。
最後まで見届けられないのはやっぱり悲しいけど、成功に終わることを祈っています。

 

 

ああ、これから約1年ワセレコの人達に会えなくなってしまうんだなあ。
ミーティングに行けない週があると、寂しい〜なんか足りね〜!と思ってしまうほどワセレコが大好きな私ですが、みんなが良いイベントを作るのに一所懸命であるように、私も留学先で精一杯頑張りたいと思います。

 

 

なんだか少し重くなってしまった(笑)いちばん言いたいのはワセレコに入ってよかったということです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。留学から帰ってきたときみんなに忘れられてないといいな〜

 

 

S__15204358

おなじみ、わっしょいにて

 

S__15204365

都電荒川線の旅

 

S__15204367

新歓合宿

 

S__15204366

みんな忘れないよ〜!カルフォルニア支局員、頑張れ!!