Blog

強い気持ち・強い愛

初めまして、7代目幹事長となりました2年の大貫です。以後一年ほど何卒良しなに!

 

世間は受験シーズンですね、
Waseda Music Recordsは頑張る受験生を応援しております
まあ自分のテストでいっぱいいっぱいなんですが、、

 

それはさておき、
よくTwitterのTLでyoutubeのリンクとともに「〇〇、初めて聞いたけどかっこいい〜」なんていうツイートを目にします。
そのリンクのバンドのことを大体知っていることが多く(これはマウント行為、、!)
またそのバンドは少し前に早稲田大学のライブイベント企画サークルのライブにブッキングされていたりして、
そういうことが起こるたびに遣る瀬無くなってしまいます。

 

なぜ遣る瀬無くなってしまうかというと、
ライブイベントのブッキングはイベントのコンセプトや色を出すための最高級のコンテンツなので、一番考えに考えを重ねています。
主催者の考える「いまこの音楽を聴いて欲しい」が詰まってる訳です。
学生が主催者なら金銭的制限や主催者サークルの知名度による制限が大いにある中で四苦八苦したラインナップなのですが、それを見る機会をみすみす見逃し、挙句少し経ってたまたまyoutubeで出くわして「かっこいい〜」なんてツイートをするなんて、、
この前に企画されてたライブ見れば、絶対好きになってたしもっと早く知れたのにね、、、もったいない〜
と思ってしまうのです。
主催者の「このバンドはライブで見たら絶対好きになるから聞きに来て!」という気持ちが届く要素があったのに届かなかったということに悲しくなってしまいます。

 

 

これは私が主催者側を味わったことがあるから言えることで、私もワセレコに所属していなかったらライブに行かずyoutubeを見て「〇〇かっこいい〜」なんてツイートをバンバンしてただろうし(今でも全然していますが、)所属しててもいろんなライブにいけてる訳では無いのでライブに行かずツイートをした人を全面的に批判したい訳では無いのですが。

 

私は「ライブに行ってバンドを生で見ること」が自分の音楽の知見広げるのに一番いい行為だと思うのですが、
なぜかそれをやらない人が多いと思います。
ライブに行ったとしても、大体「好きな」バンドのライブにしか行かない人が大半なので「好きじゃない」や「知らない」バンドのライブなんて足を絶対運ばない訳です。
そしたらますます自分の好きかもしれない音楽を知る手立ては失われて行くし、好きになるチャンスを失っていてめちゃくちゃもったいないな、と思ってしまうのです。
その点、youtubeはとても便利!外国に行かなくても外国のバンドが聴けてしまう!しかも無料で動画付き〜
youtubeサイコー、一番好きなコンテンツです!
と思いますが、ライブを見た時に感じるインパクトはやっぱりyoutubeは生のライブに勝てません。

 

もちろんライブに行くことには時間とお金が必要なのでお風呂に入ることと同頻度に行えるとは思っても無いし、ましてや「好きじゃない」や「知らない」バンドのライブに行くために割けるお金なんて無いっていうのは最もおっしゃる通りだと思います。

 

じゃあなんだ!?という話になるのですが、
興味を向けて欲しい
アンテナの感度を高くして欲しい
ということに落ち着くかなと思います。
自分の聴いてきた音楽やyoutubeで検索した音楽だけじゃ無く人が薦める音楽にもちょっとでいいから耳を傾けて欲しいです。
売れてない/インディーズの音楽は興味無いなんて言わないで欲しい、ものすごくもったいないから。
「〇〇かっこいい〜〜」なんてフォロワーに対しマウントツイートする前にライブをいっぺん見ろや!ということです(特大ブーメラン、、!)

 

これは別の話なのですが、
「おすすめの音楽教えて〜」と人から言われることがよくあり、私としてはよっしゃきた〜と意気込んで5曲ほど選曲しyoutubeのリンクをLINEに貼り付ける訳ですが、大体聞いてもらえないことが多い。
そっちが教えてって言ってきたのに、、
やっぱり自分で興味を自発的に持たないと音楽をディグるのは難しいとわかりました。
いやでも、リンク貼ってるんだからワンタップなのに、、
やる気と真面目さとyoutubeのリンクをタップしようという気持ちが無い人間は何やらせてもダメだな〜、て思ってしまう。

 

ワセレコが早大生アーティストをブッキングしたライブをしても現段階で来てくれる人は限られているのです。
じゃあどうすればライブをもっと人に見てもらえるか?と考えたところまずワセレコのことを知ってもらおう、愛着を持ってもらおうという点に行きつきました。
ワセレコ員がどういう音楽が好きとかどういうことを考えているとかが分かれば、
ワセレコが少し透明になり中の人がぼんやりでも分かれば、ワセレコが打つイベントに行こうかな、となるんじゃないかと。
来てくれるかもしれない、来たら早大生アーティストのどれかを好きになるかもしれない観客予備軍とワセレコの溝を無くしていきたい。
そういう気持ちです、このブログ。

 

自分でもこのブログ書きながら、私は他人の音楽趣味を拡張することに喜びを覚える人間なのか??と少しゾッとしてしまった、、

 


これからもそういった溝を埋めるためにブログなどやっていこうと思うのでよろしくお願いします!

 

1.25

 

カリフォルニアドリーミン

うだるような暑さが続きますね。ワセレコ2年のあおいです。2年目にして初めてブログを担当します〜

 


最近のワセレコのミーティングでは8/24に開催されるACOFFEEについてや、コンピCDのこと、そしてもちろんWMS.3のことなどなど、話題モリモリで白熱した会議が行われています。
私はというと、会議中にかかるBGMにノリノリです。インディーズからアイドルソングまで、ワセレコ員のチョイスは良い音楽ばっかりなんですよ〜

 

そんなワセレコのミーティングですが、私が行ける回数は残り少なくなってしまいました。
というのも、8月から約1年間留学に行くためです。つい先日留学前ラストミーティングを迎え、皆に送り出してもらいました。(ありがとう)
ずっと前から夢だった留学だけど、大好きなサークル活動ができなくなるのは悲しい…
ということで、今回は私のワセレコへの想いを綴ろうと思います。そんなん知らんがな!という方も、どうかお付き合いください、、

 

 

私がワセレコに入ったきっかけは、高校の部活が一緒だった先輩が紹介してくれたことです。憧子さん、憧れの先輩だったんです。。
で、見学してアットホームな雰囲気に惹かれて入ったんですが、最初は会議の内容が全然わからず、ついていけませんでした。。
優しい先輩と楽しい同期に支えられながら続けていましたが、私ももっとワセレコ員として力になりたい!!とより強く思わせてくれたのは、実は昨年10月に行われたWMS.2でした。

Womb渋谷にて、ゲストにTHEラブ人間、Tempalay、水中、それは苦しいを迎え開催したWMS.2ですが、それはもう、私にとってすごく衝撃的でした!こんなに楽しくて最高なイベントが自分たちの手で作られているなんて!!先輩すげえ!ワセレコすげえ!

もちろんそれまでに行われたイベントも魅力的なものばかりだったのですが、やっぱりでっかいライブハウスで(Wombの場合はクラブですが)、プロのバンドと大好きな学生バンドに演奏してもらうWMSは格別でした。

 

感動した反面、翌年WMS.3が開催される頃に自分は留学で参加できないのだと思うと複雑な気持ちになりました。

 

今年のWMS.3は色んな方面からの刺激をうけて、いくつかの新しい試みに挑戦しています。新たなことに挑戦するには勇気も希望も計画性も必要ですね。何度もなんども話し合いを重ねて、方向を定めていきました。
最後まで見届けられないのはやっぱり悲しいけど、成功に終わることを祈っています。

 

 

ああ、これから約1年ワセレコの人達に会えなくなってしまうんだなあ。
ミーティングに行けない週があると、寂しい〜なんか足りね〜!と思ってしまうほどワセレコが大好きな私ですが、みんなが良いイベントを作るのに一所懸命であるように、私も留学先で精一杯頑張りたいと思います。

 

 

なんだか少し重くなってしまった(笑)いちばん言いたいのはワセレコに入ってよかったということです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。留学から帰ってきたときみんなに忘れられてないといいな〜

 

 

S__15204358

おなじみ、わっしょいにて

 

S__15204365

都電荒川線の旅

 

S__15204367

新歓合宿

 

S__15204366

みんな忘れないよ〜!カルフォルニア支局員、頑張れ!!

WMS.3に来てほしい!

 

こんにちは!ワセレコ2年のりょです。

 

 

9/19(火)のイベント「WMS.3」の紹介をしたくて、この記事を書いています。

お客さんきてくれ!!!この記事を読んだあなたが、一人でも多く来場してくれることを祈っています。

 

 

wms.3

▷WMS.3

9月19日(火)

代官山Space Odd(HP

開場・開演:15:30

チケット:無料(+2Drink)

出演:Hei Tanaka、ナツノムジナ、Laura day romance ほか

(アクト第2弾解禁は8/9(水)19:00!!!!お楽しみに。)

 

 

WMSってなにか?というと、Waseda Music Showcaseのことです。

2015年から年1のペースで開催している、ワセレコで一番デカいイベントです。

 

今回はなんとチケ代無料!!そしてその実現のために現在進行形でクラウドファンディングを実施中です。

(ファンディングサイトCAMPFIREの、ワセレコページもよかったらぜひ→業界大注目のバンド×現役早大生バンド!ワセレコ主催でフリーライブを実現したい!

 

これまでは普通にチケット代をとって開催していましたが、今回はなんでこうなったのか?を簡単にお話ししたいと思います。

 

 

そもそも、ワセレコがイベント企画を通して成し遂げたいことは、

・若者の音楽文化にもっと興味を持ってもらうこと

・ワセレコイベントのブランディング(早大生アーティストにとっての「登竜門」的なイベントを作りたい)

大きく言ってこの2つです。この根っこのところは、いつもと変わりません。

どちらも、何回かのイベントで達成できるものではありません。ワセレコがこれから何年もかけて、少しずつ、達成していきたいゴールです。

 

特に若者文化については、興味を持ってもらうだけでなく、僕たちワセレコ自身、アーティストの皆さん、来場した皆さんとの間で、「僕たちは『若者文化』のまさに当事者なのだ」という、強い思いを共有したい。

 

もう、大人たちに勧められるものを、単純に受け入れる期間は終わったのではないか、と感じます。

今度は僕たちが、これからの音楽の、いや文化全体の担い手として、声を上げ、体を動かしていきたい。好きなものを堂々と、好きだと言いたい。「これが、僕らのカルチャーだ!」と、他の世代の人たちに言ってやりたい!

お金はないけど、時間はある。熱意もある。仲間もたくさんいる。社会に出てしまう前に、なにかひとつ、僕たちなりの波を起こしてやりたい。

 

 

こういうことを考えながら、これまでイベントを企画してきたのですが、痛感したのはワセレコ自体の発信力、集客力のなさです。

まだまだ無名な僕たちが、ホームページやツイッター、ライブハウスでのビラ配りなどで情報を発信するのには限界がある。さらに、少し興味を持ってもらった方にも、「お金を払うか、払わないか」というところでもうひとつハードルを乗り越えてもらわなければならない。

 

選んだアクト、準備したサブコンテンツには超、自信がある!のに、肝心のお客さんがあまり集まらない、という状況を反省し、考えに考えて、決めたのが今回のチケットフリー開催です。まずは足を運んでもらうのが先です。

 

そうすると、じゃどこからライブ運営費を稼ぐんだ、ということが問題になってきます。こういった企画はだいたい、チケット代が重要な収入源です。これがないと始まらない、ってくらい大事なところです。

 

そこで僕たちは、クラウドファンディングに目をつけ、これに望みをかけることにしました。

クラウドファンディングならば、まず僕たちの活動範囲、情報を届けられる範囲の外側にいるみなさんに、僕たちについて知ってもらえる可能性が増えます。そして僕たちの思いに共有してくれた方に、投資という形で協力をしていただくことができます。大学からの補助金や、企業からの協賛ではなく、「思いのこもった」お金だけで、このイベントを成立させることが可能になるんです。すごい。。

 

もちろんいい面ばかりではありません。まずお金が集まらない可能性だってじゅうぶんにありますし、流行に乗っているだけじゃないかと思われたりするかもしれません。自分たちでバイトして稼げ!というお叱りの声も聞こえてきそうです。。

 

でもやっぱり、クラウドファンディングを通して、僕たちのWMSを担ってくれる人を増やしたい。当事者だからこそ味わえる感動というものがある。

仲間、共犯者、当事者、なんでもいいですが、一人でもそれを増やしていきたいんです。そういう暑苦しいイベントになれば幸いです。

 

 

こういう風に何回も議論を重ねまして、クラウドファンディングに挑戦することにし、チケットも無料に設定しました。

 

あとは、みなさんにスケジュールを空けておいてもらうだけです。「無料だから、とりあえず行ってみるかぁ」で、いいんです。まずは、来てほしい。

形式的には無料だけど、ただのフリーイベントには絶対にしません。お金を払う価値はできるだけそのままに、残すつもりです。アクトから転換からサブコンテンツまで、最高に幸せな環境を作ります!

 

出演してくれるアクトは全部、1000パーセントいいです。本当です。

絶対にいま見ておいてほしいところです。「もっと早く聴いておけばよかった」なんて、もう言わせません。

日々活発に動き続ける、若者の音楽文化の熱気、エネルギーを体感できるステージになるはずです。

 

 

そして客席にあなたがいてくれればベストなんです。イヤホン越しには感じられない、演奏者の本気の視線と汗を生で観る。いままで名前も知らなかったシンガーの歌う歌詞が、妙にグッとくることがある。満員の拍手の中、来てよかったな、明日からまた頑張ろう、って元気づけられる。

僕たちはあなたと、こういうかけがえのない音楽体験を共有したくて、このイベントを作ってきたんです。

 

 

ぜひ、9月19日は空けておいてください。代官山Space Oddでお待ちしています。ボウイの顔のデカい絵がエントランスでお出迎えしてくれます。

 

あなたの「無料だから来た」を、「無料じゃなくても来た!!」に、変えてみせます。

 

 

長くなってしまいました。ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

 

大解剖!ワセレコ員の旬な音楽!

 

最近とっても暑いですね!
春あった気がしない2女のまりのですこんにちは

 

新入生の皆さんはいつもサークル員がどんな音楽を聴いてるのか気になりませんか?

 

てことで今回はワセレコ員の今旬な音楽を紹介します〜〜〜〜

 

厳正なるくじで選定された2年生5人に答えて頂きました私も聴いてペラい感想プラスしちゃってますごめんね(暇なサークル員は誰がどれかとか当ててみてね)

 


(Q)今日一日、ある一曲しか聴けないとしたら何を聴く?

 

会員No.1

岡村靖幸w/小出祐介 – 愛はおしゃれじゃない

 

「マスカラつけたなら僕も君のように泣けるのだろうか
君と同じ口紅つけたならそのくちびるが何味かわかるのかな」

 

ありえん歌詞がクサすぎる
でもそこが良いんだよ、愛はおしゃれじゃないんだよ

 

 

会員No.2
Black Sabbath – The warning

 

とりあえず何度か聴いてくれ、スルメ曲だ
まりのはこのあとしばらくサバスを漁りましたとさ

 

 

会員No.3
Kelly Lee Owens – Anxi

 

中毒性ある

 

会員No.3くんはこういうのも聴くのね中田ヤスタカのイメージ強いから驚きでした

 

 

会員No.4
Snarky Puppy – What About Me?

 

皆さんお馴染みのこの曲です
初めての人は是非ポチッと、音楽の良さ丸出しである!!やはり好き

 

 

会員No.5
THE VITRIOL – エミル

 

現在活動中FINLANDSの前身バンド。
塩入冬湖さんのキラキラした才能に溺れてくれ

 

FINLANDSはこちら↓
https://youtu.be/75hu6rGeuLg
高音のキンキンが本当癖になるよ

 

 

以上!
5人とも協力ありがとう〜〜〜〜
ジャンルが本当にカオス!いいと思ったものは何でも聴いちゃうのがワセレコです。

 

知らない曲ばっかでみんな音楽に詳しそうだしついていけるか不安と思った方!
私もこの5曲ほとんど初めて聴いたので大丈夫!

 

むしろこれから沢山の曲に出会えるって幸せですよね
新入生の子も好きな曲たくさん教えてください!待ってるよ〜〜〜〜

 

答え合わせはまりのに直接聴いてね、では!