Events

音楽万博Interview: オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ

 

4月8日に迫った「音楽万博」。

出演サークルやイベントの紹介に加えて、各サークルの演奏する民族音楽を、より多くの方に知っていただくべく、今月インタビューを敢行しました。

 

本日は”オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ”のインタビュー記事を公開いたします!

 

原型のリズムはイベリア半島発祥。そこから南米アルゼンチン、ウルグアイなどを中心に各地に広まり、現在伝統的なダンス・ミュージックとしての地位を確立しているタンゴ。

オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダは、そのなかでもバンドネオンの使用を特色とする「アルゼンチン・タンゴ」を研究・演奏している、国内大学でも唯一のサークルです。

 

お話を聞かせてくださったのは、タンゴ・ワセダの代表、竹島さん。

(抱えているのがバンドネオン)

 

http://tangowaseda.web.fc2.com/about/

 

 

タンゴを始めたきっかけやその魅力、そしてアルゼンチン・タンゴを定義づけていると言ってもいいユニーク楽器「バンドネオン」について、いろいろ教えていただきました!

 

まだまだ知らない世界が広がっている、、と実感したインタビューでした。

新入生のみなさんにも、タンゴに興味を持っていただければ嬉しいです。

 

 

 

―今日はよろしくお願いします。

 

竹島さん(以下敬称略):よろしくお願いします。

 

 

◯タンゴを始めたきっかけ

 

―まず、タンゴの方々って、高校時代はどんな部活をされていたのかについて…。

 

竹島:室内楽とか、吹奏楽出身の方が多いです。自分は合唱出身で。合唱部出身も結構いますね。概ね音楽系が多いです。

 

―合唱部ですか。演奏の経験はあったりしたんですか?

 

竹島:演奏、はしたことなかったです。合唱曲の音取りで、ピアノでコードを軽く弾くくらいで、そういうところから楽器をはじめました。音楽に触れてはいたんですが、楽器の扱いとかは全くの初めてでしたね。

 

―なるほど。どうして、タンゴに入ろうと思ったんですか?入ろう、と決めたきっかけは?

 

竹島:私は新歓ライブに行ったのがきっかけですね。すごく情熱的で。偶然タンゴの新歓コンパに行って、そこからライブにも遊びに行ったんですよね。それまではアストル・ピアソラとかも知らないし、どんな楽器があるかも知らなかったんですけどね。「くろねこのタンゴ」くらいしか知らなかったです(笑)。

 

 

 

◯タンゴの歴史

 

―タンゴってもともとどんな音楽だったのでしょうか?

 

竹島:タンゴが生まれてきたころはお堅いダンス・ミュージックだったんですよ。絶対にテンポを逸脱しないし、あんまり複雑な和音も多用しない。編成もシンプルだったんです。フルートとギター、バンドネオンだけで。機動性が高くて、どこでも行けて、っていう。それからピアノとかコントラバスとか、重い楽器を使うようになったり。

 

 

―お堅いダンス・ミュージックっていうのは、社交ダンスの人たちが踊るダンス・フロアみたいなところで、楽団が演奏しにきている、みたいなイメージですか?

 

竹島:そうですね。そこからちゃんと音楽として魅せよう、という。BGMから鑑賞する音楽になっていったんですよね。ダンサーとか、保守層からは批判もあったみたいなんですけど。ピアソラもそういう風に反発した人のひとりだったようです。

 

そこからオルケスタという形の原型を作り出したのがフランシスコ・カナロという奏者で。あんまり間違ったこと言えないですが(笑)。大編成でのタンゴを確立した人です。

 

―なるほど。そういう、”タンゴ界のスター”的存在を全然知らなくて…。幼稚な質問で恐縮なんですが、タンゴの王様みたいな人っているんですか?ロックでいうポール・マッカートニー、みたいな…。

 

竹島:大御所はもう亡くなってきていて。『LATINA』っていう南米音楽雑誌があるんですけど、それに毎月だれかの追悼文が載っているんですよね…。

最近の人だと、オラシオ・ロモというバンドネオン奏者が有名です。アルゼンチン出身の方です。あとはパブロ・エスティガリビアというピアニストもいいです。

 

向かって手前右側でバンドネオンを弾いているのが、オラシオ・ロモ。

 

 

◯早稲田でタンゴをやる、ということ

 

―なるほど。全然知らなかったです…。後で聴いてみます。日本の演奏者についてもお聞きしたいんですが、国内のプロ奏者の方々と交流する機会ってあったりしますか?

 

竹島:ありますよ。レッスンを受けたりとか、一緒に演奏したりとか。50年〜60年代って、日本でもタンゴが流行った時代で。各大学に結構タンゴのサークルってあったんですけど、それがどんどん廃れていったんですよね。いまではもう早稲田くらいにしか、タンゴのサークルってないので。

 

―あ、そうなんですか。

 

竹島:でも幸か不幸か、同世代の仲間こそ少ないですが、外部のダンス・パーティでの演奏に呼んで頂いたりとか、プロの方とも距離は近いと思います。

 

―インカレでしたっけ?

 

竹島:そうですね。他大の子もいます。だいたい20人くらいで、いつも活動しています。

 

―なるほど。それでは普段聴いている音楽などをお聞きしていこうと思います。やっぱりタンゴ作品を聴いていらっしゃるんですか?どこで手に入れるのでしょうか、?

 

竹島:ですね。よく聴いています。ネットで輸入したものを買うか、それこそ先ほど話していた『LATINA』というのは、月刊誌も発行していますが、オンラインでCDやLPなども取り扱っているので。あとはディスクユニオンの、狭いアルゼンチンコーナーを探したりとか(笑)。SpotifyとかYouTubeでも聴いたりします。

 

―へえ〜。普段からもう、タンゴ一色聴いているって感じなんですか?ロックとか、ジャズ…、とか聴きますか?

 

竹島:けっこうタンゴばかりですね。ほかはあんまり…、聴かないですね。

 

―え〜!すごい。みなさんそうなんですか?タンゴオタク、的な…。

 

竹島:まあ人によります(笑)。フュージョンマニアと兼サーしている子はもちろん、ブラック・ミュージックとかも好きですし、宝塚が好きな子もいますし。自分は偏ってますが(笑)。

 

 

 

◯タンゴ特有の「バンドネオン」

 

―タンゴをやっていて難しいところってなんですか?

竹島:スケールはそんなに変なことないんですけど。大変なのは、コピーをする曲の楽譜が売っていないので、自分たちで採譜をしなければいけなくて。ピアノとかの基礎がわかっていたほうがいいんですが、それを理解するのが大変です。僕はピアノ譜は書けないので。

 

―なるほど。タンゴに独特のもの、って言ったら、なんですかね。やっぱりリズム感ですか?

 

竹島:そうですね。リズムが一番独特だと思います。多用される転調とか、音使いとかはありますけど。

 

―あとはバンドネオンの音色ですかね。すごく独特の音色ですよね。

 

竹島:あ、実際に聴いてみますか?部室がいま開いていると思うので。ぜひ。

 

―いいんですか(笑)。ありがとうございます。

 

部室へ。実際にバンドネオンを見せてもらう。

 

―めちゃ格好いいですね。音もすごく…。

 

竹島:哀愁があっていいんですよね。左手はベース音、右手が上音なんです。4本の指でだいたい次の音にいけるようにはなっているので、設計者の意図はなんとなくわかるんですけど、鍵盤(ボタン型)がバラバラなので、そこがちょっと難しいです。

 

―ちょっとなんか、記事用に弾いてもらうことって可能ですか?すみません…(笑)。

 

竹島:あ、いいですよ。ちょっと練習します。半端な音出せないですね(笑)。

 

実際に弾いてもらった音がこちら。。

 

―うわ〜〜!ありがとうございます。なんかちょっと感動しちゃいますね。

 バンドネオンをやるぞ、ってなると、どれくらい練習するんですか?

 

竹島:最初は、「ラ・クンパルシータ」という一番有名な曲を練習します。あとはコードを覚えたりとか。6月に、新入生コンサートがあるので、それまで練習して、初めてお披露目、という感じですね。

 

 

―それでは最後に、音楽万博に向けて意気込み、とかあれば…(笑)。

 

竹島:そうですね…。踊りだすようなタンゴのリズム感を、うまくお伝えできればと思います。

 

―僕たちも楽しみにしてます。今日は本当にありがとうございました…!

 

 

オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ

HP: http://tangowaseda.web.fc2.com/about/

Twitter: https://twitter.com/tangowaseda

 

 

 

4月8日、ワセレコ主催「音楽万博」!

オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダをはじめ、ほかにもなかなか味のある民族音楽を聴くことができます。

入場無料ですので、新入生も、そうでない方も、こぞってご来場ください。

 

musicexpo

 

 

新歓企画 “音楽万博” 開催決定!!

みなさんこんにちは!

ワセレコ2018年度最初のイベントの開催が決定しました〜!

今回はなんと、民族音楽がテーマのイベントです。

 

その名も、『音楽万博』

 

出会いの季節であるこの春に、あなたも新しい音楽に触れてみませんか?

 

banpaku

 

『音楽万博』

2018年4月8日(日)

場所:早稲田大学学生会館B201

開場:14:00

入場料:無料

出演:オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ、ケルト音楽同好会、ちんどん研究会わせだ風街宣伝社、津軽三味線愛好会三津巴

 

新入生の方も、そうでない方も、たくさんお待ちしております。

ぜひお気軽にお越しください!

ワセダジャズ 第二夜 開催決定!!

みなさんこんばんは!

 

2016年秋に開催しました「ワセダジャズ 」第二回目の開催が決定いたしました!ワーイ

 

ワセダジャズ

 

フライヤーも超可愛いよな!

 

以下概要です。

『ワセダジャズ 第二夜』

2018年3月20日(火)

場所:新宿グラムシュタイン

開場:17:30

チケット1000円

出演:

ニューオルリンズ・ジャズクラブ、ハイソサエティ ・オーケストラ、モダンジャズ研究会、Swing & Jazz Club

 

 

明るく賑やかな演奏が特徴のニューオルリンズジャズ(ディキシーランドジャズ)の演奏を中心に活動している「ニューオルリンズ・ジャズクラブ」。 YBBJC全日本山野ビッグバンドジャズコンテスト最優秀賞10回(最多受賞)を誇る、ビッグバンドジャズ界の雄、「ハイソサエティ・オーケストラ」。 “ダンモ“の愛称で親しまれ、タモリが学生時代に在籍していたことでも知られる「モダンジャズ研究会」。 入門者から上級者まで在籍し、取り扱う音楽もモダンジャズ〜ラテン、ボサノヴァなど幅広く柔軟な活動を行なっている「Swing & Jazz Club」。

この4大サークルが共演するなんて、実はすごいことだったりします。なかなかないです。早稲田の伝統あるジャズ・シーンを、存分に味わうことができるイベントです。

 

敷居が高いな〜と思っている方、そんなことはないです、まずは来てみてほしい、絶対に後悔はしません。

ぼくはいまから死ぬほど楽しみです。みんなでジャズ聴いて、踊って、乾杯しましょう。。

 

3月20日、火曜日ですよ!皆さま空けておいてくださいね…!

 

WMS.3 ライブレポ公開!

こんにちは。

本日はWMS.3(9/19 代官山Space Odd)のライブレポートを、写真とともにお届けします。

 

wms

 

音楽の持つ不思議な力を実感した、すばらしい時間でした。

来られた方とも、来られなかった方とも、もう一度あの瞬間を共有したい!

そんな僕たちのわがままに、もう少しだけお付き合いください。

 

 

それではどうぞ!

 

 

Laura day romance

ローラ1

15:17。1曲目「夜間飛行」からスタート。これから7時間8組アーティストが出るWMS.3の幕開けを鮮やかに飾ったLaura day romance。最初の音源では3人編成のアコースティック演奏によるもの。それはそれで雰囲気があって良かったが、バンドセットだとこんなにも色があって会場全体の雰囲気を作り出せるのだな、と感じた。

ローラ3

そして3曲目「ランドリー」。とてもしっとりとしていてしっとりした中でもじっくり聴かせる部分もあって、緩急の効いた素敵な曲だと思った。次はアップテンポなギターロック。こんな曲もやるんだな、と少し驚いた。曲の幅が広くこれから作られていく曲が楽しみになった。バンド全体のバランスがいい、そしてメンバーが楽しそうなのが伝わってくるプレイだ。そしてラスト入りのツインボーカルのハモリが気持ちいい「大停電」で締めくくった。

5月のくまロックvol.20に出演してくれた時よりもライブ慣れしていて凄く見応えがあった。現役大学生の彼らからこれから目が離せない。

 

 

SUPER SHANGHAI BAND

ssb1

2番手はSUPER SHANGHAI BAND。最近のインディーズ界隈じゃ知らない人はいない、あのSUPER SHANGHAI BAND。もう彼らのライブには何度も足を運んでいるけれど、それでも彼らのステージが始まる前にはドキドキしながら最前を陣取ってしまう。

ssb2JPG

4人がステージに上がり、「Night Out」の始めの一音が鳴った瞬間に、爆発が起きたようにそれまでの穏やかな空気が吹き飛ぶ。もうほとんど革命なんじゃないかとたまに思う。大袈裟かもしれない、けれどこんな一瞬で、こんな一音で、こんなにも気持ちを変えてくれるバンドはなかなかいない。カッコイイだけじゃ絶対に済まされない。6曲目「Bonnie」がそうだ。カッコイイだけじゃ済まされないと言い切れるのは、この曲を聴くたびに何か懐かしいような暖かいような、昔持っていた何か、何かそんなものを思い出すから。SUPER SHANGHAI BANDは絶対に彼らだけのものだ。初期衝動に近い爆発力を少しも衰えさせることのないまま進化し、変化していくこのバンド、もはや恐ろしい。

 

 

 

井手健介

井手健介1

喧騒が残ったフロアにアコースティックギターの柔らかい音が響き渡る。3番目は井手健介、弾き語りの演奏だ。少し掠れた声で囁くように歌いながらもひとつひとつの言葉ははっきりと心に刺さる。客たちはみな耳を澄まし集中して彼の演奏に聞き入っていた。彼の囁きは叫びになって、フロアの空気をぐっと掴む。

井手健介2

しかし私は彼の歌に次第に違和感を持ち始める。歌詞が、なんだか変だ。『お金がない 仕事もない 家はある かろうじて』って。顔ゆがめてつらそうに歌うもんだから可笑しくてつい吹き出してしまう。ギター侍か、と突っ込みを入れたところで「ねるねるねるね」、「清原」とコロコロ曲のテーマが変わっていく。柔らかい曲調に思わず笑ってしまうような歌詞、そのアンバランスさが生み出す不思議な磁力のようなものに客は吸い寄せられる。ライブ開始時よりもずいぶん客が増えた。奇妙な、それでいて心地の良い空気をまとった、今まで体験したことのないライブだった。

 

 

 

 

水いらず

水いらず1

私にとっては初めての水いらずのライブ、音源は聞いたことがあったものの、ライブは想像以上に強烈だった。

激情的な演奏と切なさの共存、聴くものの胸を大きく揺さぶる音楽だと、始まりの「漏れいる昨日」、一曲目で直感した。新しいのにどこか懐かしくもある。

余韻に浸る中鳴り響いた轟音、二曲目「モノクローム」が演奏される。軽快なギターリフ、サビのバンドのサウンドが合わさる瞬間が心地良い。私達がここで来て欲しい!という音楽のノリのツボを押さえたようなそんな曲だ。

水いらず2

打って変わって静かなサウンドの「僕のまま」では丁寧に、歌詞へと感情を閉じ込めていく。4曲目ベースが特徴的な「惰眠」で、聞き入る観客も思わず体を揺らし、会場中の気持ちが最高潮まで盛り上がってきたとき、ボーカル・イノウエさんの「多分一番いい曲です」という一言。最後の一曲が演奏されようとしていた。

 

背景には、夕焼けの映像。最後の一曲は「ビー玉の記憶」。ノスタルジーを誘う、水いらずの音楽の良さが滲み出た最高の一曲だった。思わず日本語と音楽って綺麗だなと思ってしまった。

歌詞と歌声の表現力に、激しい演奏のギャップ、結成1年とは思えない世界観で、会場を圧倒した水いらず。彼らの音楽にはワセレコも大注目しており、今年度のワセレココンピレーションアルバムにも収録が決定しています。是非チェックを!

 

 

 

カネコアヤノ

カネコアヤノ1

5番手は1st LP「群れたち」をリリースし、各店舗で完売が続出しているカネコアヤノ。

ふんわりと漂うようにステージに現れ、おもむろにギターを手に取った彼女。軽く挨拶し歌い出すと、会場の空気はガラッと変わる。彼女の目つきは途端に鋭くなり、会場が伸びやかな声で満たされる。なんとも芯があって力強い歌声。バンドセットを味方につけて歌う彼女も、強さを纏いかっこいいのだが、一人弾き語りで歌う彼女は、なおさらその魅力が際立つ。また、彼女自身がテンポや歌声を自在に操ることによって、彼女の歌詞の説得力が増しているようだ。

カネコアヤノ3

ライブは「群れたち」に収録されている曲を中心に披露。優しいアルペジオや打ち鳴らすギターと共に繰り出される、カネコアヤノ自身に言い聞かせているような、私たちリスナーに訴えているような、そんな彼女の歌詞に心を掴まれっぱなしだ。まさに「かわっていく」彼女の今後に、目が離せなくなるようなライブであった。

 

 

 

 

Hei Tanaka

始まりはざわめき。1階のDJブースからステージのある地下へ、6人が楽器を鳴らしながら練り歩いてくる、これぞHei Tanaka。Dr.池田がステージ中央のドラムパッドの前に立ちリズムを刻み出すと、サックス、ベース、ギターと次々に音が重なっていく。それぞれの音がぶつかり合い、弾け、熱を帯びる。会場のどよめきもそのままに「MYAN」を駆け抜けると、S. Sax.サトゥーのほとばしるようなソロが始まり、客席からは掛け声も。観客の熱も高まってきたところで、A. Saxあだちの曲である「富士山」へと続く。富士山よりも力強く険しい彼らの姿に呆気に取られていると、VJの鮮やかな演出と相まって、Hei Tanakaの世界に迷い込んでしまう。いや、もはや、観客である自分自身がHei Tanakaの一部になってしまったような感覚。

heitanaka3

Gt.牧野のバンド小鳥美術館のカバーに震えたまま、早くも最後の曲へ。ソプラノ、テナー、アルトサックスの音が絡み合う中、池田の鳴らすリズムが身体を駆け巡り、牧野のギターが心をくすぐり、田中の唸るようなベースが地を這う。感情の発露を目の当たりにした40分。興奮、熱、驚きと共に音楽に包まれながら終わる、またとない体験であった。

heitanaka2

 

 

 

 

折坂悠太(合奏)

近年あちこちで叫ばれているシティポップの再来というワード、その再来に伴っていわゆる”古き良き時代”の邦楽にインスパイアされた音楽が急激に増えたのは今更ここで取り上げる事でもないだろう。しかし、どうもその波に私は乗り切れていなかった。正直に言えば生きていない時代に生み出された音楽に”共鳴する”ことは出来ても”感じる”ことはできないと、心のどこかで分かっていたのである。

その点、折坂悠太の音楽は(少なくとも私にとっては)”等身大のローカルな懐かしさ”であった。

大変申し訳ないのだが、今回のWMS.3まで私は折坂悠太というアーティストを知らなかった。しかもよく見てみると名前の横に(合奏)の二文字。こりゃ一癖あるんだろうなと楽しみにしていた。

そしてついに迎えた本番。件の(合奏)の真相は、ギター(折坂)、ベース、ドラム、キーボード、クラリネットであった。なるほど、クラリネットか。それならば合奏という表現はしっくりくる。

折坂悠太1

そして初めて聴いた折坂悠太の歌声は、一言で言えば”民謡的”であった。それこそ自分の祖父母が歌っているかのような。これこそが先に述べた”等身大のローカルな懐かしさ”を感じた一番の理由だろう。 他の演奏陣も彼の歌声を際立たせる、まるで静かな地鳴りのような演奏を見せてくれた。

珍しい演奏形態だから、という理由だけではない魅力が彼らの演奏にはあった。折坂悠太の音楽の底で息を潜めるマグマは静かであるが、着実に私たちの体に流れ込み、そしてその全てを感じさせる。それはこれから彼の音楽に出会う人々も同じ経験をすることだろう。

 

 

 

ナツノムジナ

ナツノムジナ1

穏やかに、遠くから聴こえるようなVo.粟國の歌声。まるで、後ろのスクリーンに映るどこかの、”誰か”の原風景から言葉が届くかのような…。

―海鳴りがするんだ あなたを呼ぶ声が―

 徐々に音の重なりは厚くなり、歪んでいく。「暈」はアルバムのリードトラックで、背後にはMVが投影された。フロアへ流れ込む音の波がその激しさを増すにつれ、観衆の身体の揺れも大きくなっていく。海鳴りのような轟音が止んだとき、遠ざかっていくひずみの中にスクリーン上の海面が静かに揺れていたのが印象的だった。

ナツノムジナ2

「ナツノムジナです。今日はWMS.3呼んでくださってありがとうございます。」

控えめなMCはいつもと変わらない。しかし、確実に、進化している。初めて出会ったときはもっと真っすぐで率直な表現だったが、この数年の間で何倍にもその世界観が広く深くなり、他の同世代バンドと違う次元に到達したのだと気づいた。

ナツノムジナ3

―戦争が 兵隊が 灯台が 火の鳥が その手を握ればよかったの―

 

アンコールは「天体」。「淼のすみか」のコンセプトの中には間違いなく海の情景が込められているけれど、私の中でそれはピーカンの晴れた海では決してない。雲がかかっていて、朧気で、必ずしも優しくない海だ。「孤独」や「焦燥」や「憧憬」や、いろんな感情が綯い交ぜになって、艀に浮かんでいる。見上げると月が、天体が顔を出し、ゆっくりと私たちの時間を回している。

 

―夜は来ないのさ 天体が時計を守る 青ざめた未来が でもそうだよ―

 

 

 

ワセレコ3

 

 

 

WMS.3 第3弾解禁!!

 

こんばんは!!

お待ちかね、第3弾解禁でございます!

 

最終追加アクト:井手健介(弾き語り)

 

idekensuke

 

1984年3月生まれ 宮崎県出身。

東京・吉祥寺バウスシアターのスタッフとして爆音映画祭等の運営に関わる傍ら音楽活動を始める。

2012年より井手健介と母船のライヴ活動を開始、不定形バンドとして様々なミュージシャンと演奏を共にする。

2014年夏、バウスシアター解体後、アルバムのレコーディングを開始、2015年夏に1stアルバム「井手健介と母船」をP-VINE RECORDSより発表。

その他、CD-R「島流し」「停泊」を自主制作。

2017年5月に12inchEP「おてもやん・イサーン」(映画『バンコクナイツ』トリビュート企画第3弾)をEM RECORDSよりリリース。

 

井手健介と母船 ホームページ

twitter: @ideknsk

youtube: 井手健介と母船「青い山賊」

 

 

この解禁で、当日出演してくださるアーティストの顔ぶれが揃いました!!

イベント概要をもう一度載せます。

 

▷WMS.3

日時:9/19(火)

場所:代官山Space Odd

開場・開演:15:00

チケット代無料、2ドリンク制

アーティスト:折坂悠太(合奏)、井手健介(弾き語り)、カネコアヤノ(弾き語り)、ナツノムジナ、水いらず、Hei Tanaka、Laura day romance(五十音、アルファベット順)

 

wms.3

 

まだ、いろいろと企んでおります、お楽しみにお待ちください。