Reports

くるりと私

こんにちは、3年のおおぬきです。

 

先日、日比谷野外音楽堂でSPACE SHOWER TVによるSPRING BREEZEを観てきました。
ワンマンライブが苦手な私にとって見たいがワンマン行って楽しめるほど詳しくはないアーティストばかりでうってつけのライブだったので、その中でくるりについて、、

 


私にとってのくるりとは、菅野美穂が可愛いチオビタドリンクのCM曲のイメージで、なんとなくメンバーは無印良品を着ていて、朝はグラノーラを食べてそうという素朴でいい意味でシンプルな音楽というイメージだった。
まあ実際着ているのはユニクロらしいが、

 


そんなイメージをことごとく壊されたきっかけは
2016年にYouTubeに公開された「琥珀色の街、上海蟹の朝」だった。
まずこの曲はYouTubeでたまたま出会った訳ではなく、TwitterのTLで流れてきたジャケット写真を見て「かっこいい〜」と思い「どのアーティストなんだろ、、?」と調べたらあの”チオビタのくるり”で、1回目の驚きを覚えた。くるりの使う色は白系という先入観も持ってたからあんなシックでかっこいいジャケに驚きしかなかった。

 

S__57761810 

 

 

そしていよいよYouTubeで聴いたら、「”チオビタのくるり”はどこに行ったんだ???」と思った。
本当にびっくりして当時くるりの曲を今昔問わず聴きまくってその日はそのまま徹夜をしてしまったのを今でも強く覚えている。
長らく持っていた”チオビタのくるり”のイメージが「琥珀色の街、上海蟹の朝」を聞いて一気にアップデートというよりも覆されてしまい猛烈に動揺してしまったのだ。

 

優しいメロディーにキャッチーなサビ、なのにどこか寂しく泣きそうになってしまうこの曲。
寄り添ってくれているのか突き放されているのかよくわからなくて逆に魅力的なこの曲。
イラストで可愛いMVもしっかり見ると全体的な設定や最後の空から降ってくる女の子とそれを抱き止めようとする男の子が微妙にズレていて抱き合えない描写や女の子の悲しげな表情など音楽のみならず引き込まれる。
ただ流行りに乗って聞いてて心地いい曲にとどまらない。

 

 

S__57761811

 

S__57761812

 

S__57761813

 

色々聞いているうちに最近出してる曲が「琥珀色の街、上海蟹の朝」系統になった訳ではなく、“チオビタのくるり”は「琥珀色の街、上海蟹の朝」のようなこともできるのだというイメージに固まってきて「くるりの攻めの姿勢サイコ〜だな」と思った。

 

おそらく”チオビタのくるり”路線が好きな真面目なファンは、最近のヒップホップ/ラップ、シティーポップ、ブラックミュージックとの融合という流行りに乗っかっちゃって!!!と怒っている人もいるかしれないが、私は歴の長いくるりがちゃんと手を出したことに驚き、そして少し嬉しかった。

 

先日のライブでは変拍子の「東京オリンピック」というインスト曲を聞かせてくれた。変拍子なので全く乗れなかったが、とてもかっこよかった。2020年のオリンピックはテレビ的音楽がテーマ曲になるんじゃなくてそれこそくるりのような位置にいるバンドの曲がなって欲しいな、と思った。

 


そして最後に「ちょうど今のような夕暮れ時に相応しい曲を」というようなことをいって始まった「琥珀色の街、上海蟹の朝」。

ライブで聴けると思っていなかったからびっくりし、野外での疲れもあって少し泣きそうになってしまった。

 


今までサンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」やandymoriの「ベンガルトラとウイスキー」などの一緒に叫んでウワー!となれる曲を心の拠り所にしてきたが、
家に帰ってお風呂に入っている時
“チオビタのくるり”にはお世話にならないけれど、「琥珀色の街、上海蟹の朝」にはこれからも何度かお世話になるだろうなと思った。