【ワセレコ2男の】FUJIROCK’18 今年のヘッドライナーはだれ?【本気予想】

こんにちは、2年のりょうけいです。

 

ついに春休みに突入しましたね。みなさんいかがお過ごしですか。

ぼくは最近寮を出まして、一人暮らしを始めました。超楽しいです。遊びに来てください。

 

さてこの記事、

すでに100万回くらい口に出していて疲れちゃったし、飽きてきたのですが、やっぱりこの話題を避けて通ることはできないですね、

みんな大好きフジロック。今年だれが来るのよ?!

という話です。

 

われわれ2男、もうアホのように毎週毎週、飲み会の席で、あとはちしゃきの家でこの話をしてました。

こんな楽しくて無限に話せるなら、いっそブログでも書いてしまえ!というわけです。

 

そしてなにより、噂によると明日、第一弾アーティスト発表らしいじゃないですか!ワオ、、

これに遅れたら一番ダサい!企画倒れだ!ってことで大急ぎで書きました!いくぞ!

 

 

 

 

それでは、発表します!!!!!!注目!!!!!!!

 

 

 

ワセレコ2男が考える、本気のヘッドライナー予想はこちら!

 

・Arctic Monkeys

 

・Arcade Fire

 

・Kendrick Lamar

 

 

 

…。

 

 

…。

 

 

…え?つまんな!つまらんつまらん!

 

おもろくない、、ええ、、、

 

 

 

と思った方!同感です!!

でもどうやってもこうなりますね…。

 

いや、ほんとに来てくれたら全部最高、超テンション上がるはずなんですが、この話をしすぎて感覚が麻痺してる感もありますね。

 

本気で予想するからには、ふざけたこと言ってられないよってことでちゃんと考えたんですけど、まあここの3つが妥当な気が、、。

 

 

しかしあまりにも無難すぎて面白くない。このままではどうしようもない記事になってしまう。こんなにすげ〜メンツなのに、つまらん、なんて罰当たりな気もしますが、知らん!つまらんものはつまらん!方針転換です。もう少し、ここでしかできないような、いい感じの記事にならないものか。

 

 

いろいろ考えまして、ここからは、2男が主観と偏見のみで選ぶ「あえてのアーティスト」予想!をお送りします!

 

新人・大御所問わず、各々主観フィルターを通して予想した、今年フジ来るんじゃないか???(ハテナ3つでは足りない)というアーティストの特集です。

完全に自己満です!ほーんこんなの好きなんだ、とか思いながら読んでください!

 

グリーンステージでも、ホワイトでも、レッドマーキーの深夜帯でも可!なんでも出してこい!という課題で、みんなで書いてきたので、割と暇な方は読んでいってください。

 

 

 

ハア〜ここまで長いよ!すみませんでした。ここからも長いです!

それでは行きます!提出順で載せます!

 

 

〜あさみせいや編〜

・Dirty Projectors

昨年リリースされた『Dirty Projectors』は日本でもかなり評価が高かったと思います。アルバムの中でも『Up In Hudson』が好きでよく聴いていました。今回のフジロック出演もかなり期待できるのでは?

 

・Tove Styke

日本での知名度はそこまで高くないものの、誰もが一度聴けば耳に残るようなリズミカルでポップなサウンドをフジロックで聴きたい!昨年リリースされた『Mistakes』も必見!

 

・東京女子流

日本の女性アイドルが出演したのは2016年のBABYMETALのみでフジロックにアイドルが出演するのはなかなか厳しい状況です。今年出るとすれば、最有力候補のPerfumeや今勢いのあるBiSH、昨年サマソニに出て注目を浴びたPassCodeあたりですが、ここはあえて東京女子流を挙げたい。昨年リリースした『predawn』は女子流らしいEDMサウンドでカッコイイし、ミニアルバムの『PERIOD.BEST』も素晴らしい。フジロックのステージで歌う彼女たちが見たい!見せてください!お願いします!

 

 

 

〜ちしゃきわたる編〜

・Laurel Halo

2012年のデビュー作「Quarantine」はイギリスの音楽雑誌THE Wireで年間ベストアルバムに選ばれた。去年ニューアルバムを発表し、今年の3月には香港のフェスへの出演が決定している。

 

・Kedr Livanskiy

ロシア出身の女性アーティスト。Boards of CanadaやKraftwerkの影響を受けたダークでドリームポップなサウンドに自身の柔らかい声を乗せる。去年デビューアルバムをリリース。

 

・Kelly Lee Owens

イギリス、ウェールズ出身のシンガーソングライター、プロデューサー。去年はエレクトロデュオMount Kimbieのヨーロッパツアーでサポートアクトを務めた。

 

・Jlin

ダンスミュージックのジャンル、juke/footwork界の新世代アーティスト。去年発表したアルバム「Black Origami」はイギリスのTHE Quietusや日本のele-kingなどの世界中のメディアで高く評価されている。

 

・Chino Amobi

ナイジェリアをルーツに持ち、ブラックエレクトニカシーンを率いているプロデューサー。去年初来日公演を果たした。

 

 

 

〜いとうりょうけい編〜

・Morrissey

英国が誇る、詩人モリッシー。結構ソロ活動も活発なモリッシー。昨年末にアルバム『Low in High School』をリリース。超かっこよくてたまげた。かなり堅いと勝手に思っています。絶対にフジ向きだろ!

と思い調べてみたら、フジじゃなくて、サマソニには出たことあるんですね(2002年)。最後に来たのは2012年のソロツアー。フジはないのかあ。今年来てくれたら6年ぶりですか。6年、いや〜ちょうどいい感じの開きじゃないか、モリッシー。ホワイトステージのトリか、グリーンのトリ前くらいでしょうか!The XXポジションですよね。顔も似てるし。

 

・Phoebe Bridgers

LA発のSSW。フィービー・ブリジャーズ、と発音するのだそうです。昨年のファースト・アルバム『Strangers in the Alps』が超いいのです…。ダークで奥行きのあるサウンドに、純度最高の歌声。アコギを取っても、エレキでも、あくまでバンド構成。要所で顔を覗かせるストリングスがまたニクい。

おそらくレッドマーキーでしょう!

 

・Daniel Caesar

トロント出身、大注目のR&Bシンガー。歌声がとにかくセクシー。静かでドラマチックな曲の構成はバツグンに感動的。バンドセットで観たいな〜。コラボ作も充実しているし、どれも最高クオリティ。3月には来日だけどチケットがたけえ!フジで来てくれ!

 

・Nicola Cruz

南米エクアドルのDJ/プロデューサー。伝統的なラテン〜クンビア×ダウンテンポなハウス/エレクトロ。パーカッシヴなガチャガチャ感と、ディープな四つ打ちが手を組んだら最高になっている。そりゃそうだ、最高のダンス・ミュージックどうしですもの。気持ちいいに決まってます。もうちょいジャングルなところで聴きたいけれど。

昨年末に初来日!フジのアーティストは本番前後に来日しがちなので、こちらも結構有力では?!深夜に踊りに行きます。

 

・坂本龍一

ありえますよね?!願望でしかないチョイスですが。。細野晴臣も、ってことも、もしかしたらもしかするかもしれません。2人とも新譜すごく良かったし。いや〜〜どっちもみたい、。タイテ被りだけは絶対にやめてね。

 

 

〜あきもとゆうほ編〜

・HAIM

これは固い気がします!ご存知とは思いますが、HAIMはLAの三姉妹によるガールズバンドです。前回の来日は2013年のフジロックでこの時はまだファーストアルバムも出していないにも関わらず(直前に収録していたらしい)、レッドマーキーを大いに盛り上げました。その後のファーストアルバムはバカ売れし、昨年ついに発表したセカンドも大成功を収め、満を持しての再来日!!となると良いですね、、、

 

・London Grammar

London Grammar !! めちゃ見たくないですか?!?!ボーカルのhannah reidの力強く、美しい歌声に、神秘的なサウンド、、、夜のホワイトステージが最高に似合うでしょう。フジロックには2014年に出演予定だったもののキャンセルとなっており、ぜひ昨年発表の新作と共にリベンジして欲しいですね!

 

・Hippo Campus

こちらはミネソタ出身で高校の同級生同士で結成されたインディ・ポップバンドです。早くから注目されていましたが、去年ついにデビューアルバム発表し、大きな話題となりました。来日の実現を願っているフジロッカーも少なくないでしょう!

 

・The Big Moon

はい、出ましたThe Big Moon。これはもう個人的にどうしても見たいだけのバンドです。彼女達も去年デビューアルバムを出したんですが、とにかく格好いい、、、もう超満員のレッドマーキーが目に浮かんでいます。頼むから出演してくれ!!!

 

 

ちょいクセ、あえてのアーティスト予想、いかがだったでしょうか。

 

 

個人的にはけっこう楽しかったので満足です。しばらくフジロックの話したくないな、と思いました。疲れました。

とりあえず、明日の発表だけ楽しみに待ちます。どれくらい当たってるでしょうか。。

 

 

 

ていうか、ここまで読んでくれた人いるのかな、、