早慶音楽祭 ライブレポート

soukei-e1411224949277
 去る9月30日、新宿MarzにてWaseda Music Recordsの新企画「早慶音楽祭」が開催された。当日は、早稲田、慶応それぞれの学生バンドが2組ずつ、加えて早稲田に縁を持つゲストバンドが2組と、計6組が出演。以下に、当日のライブの盛り上がりをレポートする。
【BOYS END SWING GIRL】
 以前”くまロック”へ出演したこともあるBOYS END SWING GIRLが、久々にワセレコの企画に帰ってきた。筆者が実際にライブ会場で観るのは初めてだったが、特に三曲目でベースの手さばきが急にスピード感を増していくさまに目を奪われた(そしてその彼はステージ上では一貫して独特のリズムで全身を揺らしていた)。かなり多めのエフェクター類を連ねたリードギターはノエル・ギャラガーばりの美メロを鳴らし、ヴォーカルも爆音に全く掻き消されず透き通っている。最後の新曲で陽気にノせて勢いよく音楽祭の開幕を飾った。(所澤)
【DATS】
 トッパ―のBOYS END SWING GIRLの勢いそのままに、新宿Marzをダンスフロアへと塗り替えたのは慶應サイドのバンド・DATSだ。場内が暗くなるとステージ後方のスクリーンに「DATS」の文字が浮かび上がって、バンドはギターボーカル・ギター・ベース・ドラム・マックのノートパソコン2台という構成で登場。骨太のバンドサウンドと同期する打ち込みのリズムに、煌めく電子音が絡まっていく彼らの垢抜けた”ダンスロック”的サウンドには、フロアも早速の好反応。オーディエンスは皆、休む間もなく踊り続けていた。加えて彼らのステージは、演奏中の映像演出も見事。印象的なバンドのロゴマークを中心に、環境映像や無声映画のような白黒の映像がスクリーン上で交錯し、バンドの演奏と相まって独特の陶酔感を生み出していた。
 さてそんなDATSのステージだが、オーディエンスの熱狂とは対照的に、ステージ上で演奏する彼ら自身は非常にクールな佇まいであったのが印象的であった。この日はMCもほぼ排し、25分の持ち時間一杯に楽曲をパフォーマンス。ある意味では淡々と、しかし確実に観客を踊らせる彼らには、一種「職人的な」気質を感じたといっても過言ではない。先述の映像演出然り、非常に緻密に作られた、完成度の高いステージを私達に見せてくれた。(千代)
【OK?NO!!】
 最近は、多幸感という言葉が濫用されていると思う。アイドルのライブを見ては多幸感、aikoのライブを見ては多幸感…良く言えばGNH(国民総幸福量)の向上、悪く言えばバカの一つ覚えである(aikoは好きだよ)。しかしこれこそ、「多幸感」という名前を付けてもいいのではないか。そう思ったのが、早慶音楽祭1組目のゲストバンド・OK?NO!!のパフォーマンスだった。
 この日、彼らは1日限りのアコースティックセットで登場。バンド自身が影響を受けたと語るCymbalsのカバーからライブをスタートさせると、女性ヴォーカル・reddamの暖かい歌声が、踊り疲れた会場に優しく浸透していく。それを支える、マラカスを携えた男性コーラス・ギター・ベース・キーボード・ドラムの演奏も素晴らしく、心地よい音の世界を作り出していた。
 この日の彼らのライブは、音源とは一味違った静かなアレンジで、どこか「カフェミュージック」風な趣も。しかし、決してBGM的なものに留まらず聴こえたのは、それこそ彼らが影響を受けたという「渋谷系」仕込みの楽曲のポップさ・覚えやすいメロディのせいだろう。最後に彼らはカバー曲として、山下達郎の”DOWN TOWN”を披露(これは良い意味で反則!)。大熱狂のライブ前半戦と後半戦との橋渡しに、非常に気持ちの良い空間を届けてくれたステージだった。(千代)
【Gissan】
 再び舞台は「早慶戦」へ。この日のライブの後半戦の口火を切ったのは、早稲田バンド・Gissan(ex.蟻酸)だった。満員の観客の声援を受けて登場した彼ら5人は、早速未発表曲の”One Night in Tokyo”からライブをスタート。続いて間髪入れず新曲を2曲パフォーマンスし、一気にオーディエンスをGissanの世界に引き入れる。その後短いMCを挟んで、名曲”うつろい”をじっくりと聴かせ、最後は”Humming Bird”(本年度ワセレココンピ収録予定!) で軽やかにライブを締めてみせた。
 さて、そんな彼らのライブだが…単刀直入に言って、とても格好良かった。卑しくもライブレポートを書く立場としてとんでもない職務放棄だが、ここまで来たら敢えて自分の気持ちに正直に、「Gissanは凄く格好良かった」と言ってみたいと思う。ギター、ベース、ドラム、キーボードの巧みなプレイは、それぞれが個性的でありつつ、同時に息もピッタリと揃う。そこから生み出されるグルーヴに、コクのあるハスキーな女性ヴォーカルが絡まる独特の昂揚感は、ちょっとライブを観た者でないと分からないだろう。是非、一度その耳と目で体感して欲しい、Gissanの音楽である。(千代)
【恋する円盤】
 つまらない表現で個人的な感想を書くとこうだ。”めっちゃ好き”。真ん中に立つフロントマンのリッケンバッカーが目をひく。男声女声がどうしようもなく不思議な美しさをみせ、鳥肌が立つのを堪えられない。さらに、キーボード、ベースと二本のギター。下手をすれば雑多なサウンドとなり、煩わしさすら生じかねないが、このバンドではそんなことはあり得ない。6人で鳴らす全ての音が自然に一つ、大きなリズムを刻んでいて想像以上に聴きやすい。聴いている自分が恋をしたくなる、気づけば頭の中がカラフルな空気で満たされる、そんな音楽。(所澤)
【THE ラブ人間】
 僕のようないちド素人が安易にライブレポなどと称して感想文を垂れ流していてよいものかと、そんなことを考えされてしまう。日々学校なんて通って何してんだろう、なんて。フロアに飛び込み観客とともに踊り狂うラブ人間のメンバーたちを眺めていると、バンドの(ライブハウスという小さなハコで織り成される)ロックへの愛が爆発し、新宿MARZの中に文字通りその愛が満ちていくのが感じられる。本人曰くお気に入りのシャツを破きながらも、観客の肩に乗って二階にいる我々に向けて金田さんが歌った歌と伸ばした手は、どこまでも届きそうで、やっぱりライブっていいな、と、もはやもうそう呟くしかないのだ。(所澤)
 「早慶音楽祭」は、ワセレコにとって挑戦尽くしのイベントだった。早稲田大学以外の学生バンドをブッキングするのも、社会人として活躍するバンドをブッキングするのも初めて。そんなイベントを、約200人のお客様と一緒に迎えることができたのは本当に幸福なことであったと思う。これからもワセレコは、大学の枠・プロとアマの枠を超えて、早稲田の、そして学生の音楽シーン全体の盛り上がりを世間に発信していきたい。私達は、そんな思いを新たにした次第である。
文 所澤太郎
千代祥平
写真 平田悠樹
柳沢毬絵