WASEDA ART SHOWCASE 直前インタビュー

10 月 18 日に迫る『WASEDA ART SHOWCASE』に向けて、出演する No Buses、シーンズ、The Cabins の 3 バンドよりそれぞれの gt./vo.である近藤大彗さん、清水友也さん、牧野優実さんをお迎えしてインタビュー取材をしました。

後半では、イベント当日にも試聴ブース展開予定のイヤホンブランド “final”とコラボし、イヤホンを試聴の上感想をお話してもらっています。

 

 

――それではよろしくお願いします。

まず皆さんのルーツを探っていくために、オールタイムベストと言いますか、今まで触れてきたアルバムの中で最も影響を受けたものがあれば教えて欲しいです。

 

 

近藤 Arctic Monkeysの ”Suck It and See” っていうアルバムをずっと聴いてて、一番影響を受けています。

 

――Arctic Monkeysといえば、No Busesのバンド名もEP ”Who the F*** Are Arctic Monkeys?”

の曲から取ってますよね。

 

近藤 そうですね。それは別に曲に思い入れがあるというよりは、字面が好きというか。

 

――なるほど。清水くんは?

 

清水 僕はPavementの “Brighten the Corners” です。みんな好きかもしれなですけどベストというとこれですね。初めて聴いた時からずっと好きです。

 

ーー僕も大好きです(笑)意外とPavementの中でそのアルバムを挙げる人って少ないですよね。いま20歳前後で活動している国内のインディーロック〜ポップのバンドって、結構Pavementの影響が大きいように感じます。

牧野くんはどうでしょう。

 

牧野 Jeff Buckleyの ”Grace” です。でも何かと比べて一番というより、これだけ自分の違う引き出しにあって、他と比べたことはないです。というかJeff Buckleyの曲の脆い美しさは何かと並べた途端、見えにくくなるような気がします。つまり愛ですね。目を瞑るとJeffからの深い愛にどっぷり浸かることが出来るけど、開くとそこにJeffはいない。と(笑)人の心との親和性がとても高いんです。いくらでも話せるけど、ともかく本当に多くの人に聴いて欲しいアルバムですね。

 

 

 

 

―ありがとうございます。次に今年出たアルバムやEPの中で記憶に残っているものを教えてください。

 

近藤 今年の序盤に出たものがあまり思い浮かばなかったので直近になっちゃうんですけど、Belle And Sebastianの “Days of the Bagnold Summer” です。来年公開される映画(同タイトル)のサントラのアルバムで、それが最近一番よかったですね。

 

清水 僕はBig thiefの “U.F.O.F” です。派手さはないんですけど一つ一つの音のバランスがすごく良くてとても良いアルバムだなと思いました。

 

牧野 Deerhunterの”Why Hasn’t Everything Already Disappeared”です。最近は何かに似てると感じるバンドが多いような気がして、大御所バンドの新譜でも昔の方が良いと感じたり。それを聴くのなら、昔のものをたくさん聴きたい、みたいなダサい懐古主義者なんですけど。若いだけかも…。その中でDeerhunter のアルバムは毎回コンセプトが珍しくて面白いし、ボーカルのブラッドフォードの好みが近いのもあって、ヘビロテしてます。

 

 

――ありがとうございます。今度は音楽制作についてなんですが、曲作りのモチーフとかテーマになってたり、影響を受けたものってありますか?

 

近藤 個人的には、2010年前後に出てきたバンドの雰囲気とか空気感を独特に感じています。LocksleyとかThe Likeとか。演奏力が高かったり、印象的なリフがあったりというわけではなくても、聴いててキュンとするものが曲とかアルバムの節々に感じられて、そういうのは意識してます。

 

――No Busesの音楽は、The LibertinesとかThe Strokesとかの所謂「0年代ガレージロックリバイバル」をよく引き合いに出されると思うんですが、2010年前後のバンドというとれともまた少し違ってくるのでしょうか。ちょっと衝動だけじゃない部分があるというか。

 

近藤 リバイバル…ギリギリ入ってるんじゃないですかね。その衝動みたいな部分も勿論大事だと思うんですけど、それだけじゃないというか…口では言い表せないですね。どの時代にもそれぞれ色はあると思うんですけど、自分は特にその時代のバンドに思い入れがあります。

 

 

 

 

 

――ありがとうございます。

シーンズについてはどうでしょう。個人的にはTwitterかなんかで映画「大いなる幻影」を挙げていたのが印象に残っているのですが。

 

清水 メンバーが各々で自分の好きなことを吸収して持ち寄ってる感じなので、メンバー内で「これを目指そう」って共有してるものはないですね。その映画についても自分の趣味ってだけです。スタジオで曲作りをする時も「この曲とかアーティストを目指そう」とかはなくて、あんまり似ちゃうと恥ずかしいというか。むしろ似てきたら「ちょっとこれは辞めよう」ってなったりします。

好きなバンドに似てるって言われるのは嬉しいけど、それだけじゃダメというか。

 

――なるほど。

The Cabinsはどうですか。曲は牧野くんが作ってるんでしたっけ?

 

牧野 そうですね、基本的にはコードの運びとリフを僕が作ってます。リズムの感じとかは僕が指定してもあまり言うこと聞いてくれなかったりして(笑)悪い意味じゃないんですけど。

メンバー内でも元々聴いてきた音楽が全然違っていて、ベースとドラムはブラックミュージックが好きでそう言うリズムの取り方をするんですけど、リードギターはアンビエントとかシューゲイザーとかが好きで、僕はボブディランとかニールヤングとか、いわゆる歌モノが好きで。曲作るときはこの3をごちゃ混ぜにして作ってる感じです。

 

 

 

――ありがとうございます。

 

ここで、今回S’NEXT社のブランド、final のイヤホン「E2000」、「E3000」の試聴をしていただきます。価格の差はあってもどちらが優れているという話でもないので、「どちらが好きか」など率直な感想をお聞かせください。

 

〈E2000〉

最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえ、音質設計を行いました。

高音の一部を強調するという一般的な音作りの手法を使うと、

一聴して音の鮮やかさを感じさせるのですが、そのことによって、他の音域が埋もれて聴こえにくくなってしまいます。

E2000では、強調した音域を作らないことで、クリアな音質を実現しています。

さらに、高音にわずかな特徴をもたせることで、目の前で演奏しているかのような臨場感を体感していただけます。

一聴したときのアピールよりも、長く使うほどに良さを感じる「定番」と呼ばれることを目指した、音楽を楽しく響かせる音質を追求した製品です。  

 

〈E3000〉

最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえ、音質設計を行いました。

高音の一部を強調するという一般的な音作りの手法を使うと、一聴して音の鮮やかさを感じさせるのですが、そのことによって、他の音域が埋もれて聴こえにくくなってしまいます。

E3000では、強調した音域を作らないことで、高い解像度と広いサウンドステージを実現しました。

低音から高音までバランス良く再生することで、ホールで音楽を聴いているような音の広がりを体感していただけます。

一聴したときのアピールよりも、長く使うほどに良さを感じる「定番」と呼ばれることを目指した、ナチュラルな音質を追求した製品です。

 

 

近藤 僕は「E3000」の方が好きですね。ベースの輪郭がはっきりしていて。

 

清水 僕も同じです。どちらも高音域はしっかり出ている印象がありましたが、「E3000」の方が中域がしっかりしているなと思いました。

 

 

 

 

牧野 二人ともおっしゃっていたように、「E3000」の方が低音の輪郭がクリアに聴こえて個人的に好きでした。ただ聴くジャンルによって変わってくると思って、ちょっとシャリシャリした激しい音楽を聴くなら「E2000」の方が良いのかなと思いました。

 

 

――「E3000」に比べて「E2000」は高音にフォーカスしている分、「E3000」の方がバランスよく聞こえるかもしれないですね。逆におっしゃる通り、「E2000」の方が音のキレが良くエッジが立っている分、ロックだとか激しめな音楽には相性がいいんだと思います。

普段イヤホンを選ぶ上で気にするところとかってありますか?

 

近藤 パート毎に音をちゃんと聴き分けられるかどうかです。聴きたい音をクリアに聴き取れるか、を気にしてます。

 

清水 普段イヤホンを試聴すると、低音ばっかりとか高音ばっかり主張するものが多くて、僕は中域がちゃんと聴こえないとなと思っていて…今の「E3000」はすごい良かったです。普段試聴するものでは1万円とかでも納得いかないものが多いのでビックリしました。

 

牧野 デザインです。こんなこと言ったら元も子もないんですけど、予算的に的に僕の手の届く範囲で、普段軽く聴けるイヤホンってあまり信用しきってなくて、ちゃんと生音やスピーカーで聴く音を大事にしています。となると相対的に優先順位は見た目が高くなります。やっぱり毎日使うものだから、ライフスタイルとかファッションにも密に絡んでくるというか。

 

 

 

 

――なるほど、ありがとうございました。

10月18日のイベント当日にも会場内にてイヤホン試聴のブースを設置するので、ご来場の皆さんの意見を聞くのも楽しみですね。

 

 

さて最後に、皆さんのバンドに出演して頂く『WASEDA ART SHOWCASE』は、音楽だけでなくライブペイントや芸術展示などのコンテンツも用意しているのですが、皆さんは音楽以外の領域で影響を受けているものってありますか?映画でも小説でもなんでも。

 

 

近藤 映画ですかね。あと、昔のゲーム音楽が好きです。新しいものを買ってもらえなくて、親が持ってたスーパーファミコンをずっとやってたんですが、それが結構好きで。元々バンドの音楽を聴くようになる前は、ずっとゲーム音楽を聴いてました。

 

清水 僕も映画ですね。邦画の『大いなる幻影』がすごく好きです。

 

牧野 僕も映画と、あと絵とか。この前出したシングル “The Door of Reminiscence” のジャケットも自分が描きました。ただあまり音楽とは関連がないかもしれない。原点ではありますね。

 

 

――ありがとうございました。

皆さん映画が好きということで、当日のVJも楽しみですね。

10月18日、よろしくお願いします。

 

 

 

 

※イベント当日、会場内にて”final”の試聴ブースを展開します。記事と同じイヤホンの試聴が可能ですので、気になった方は是非ともお立ち寄りください。

 

 

WASEDA ART SHOWCASE

 

10月18日(金)open18:00/start18:30

代官山SPACE ODD

 

Adv. ¥2500 / Door. ¥3000 +1D

eプラス

https://eplus.jp/sf/detail/3079490001

ローソンチケット

https://l-tike.com/search/?lcd=72077

 

出演:踊ってばかりの国、No Buses、The Cabins、シーンズ、他アートパフォーマンス

運営:Waseda Music Records